東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
部員ブログ(和泉)
0

    今週のブログを担当させていただく46期の和泉です。

    部員ブログとしては初めましてになるかと思います。


    まず初めに、コロナウイルスの影響がソフト部にとっても深刻なものになってきています。

    以前から告知のあった合宿や練習試合の中止に加え、新歓が全面中止になりました。さらに、当面の間全体練習も含め活動自体も中止になっています。活動をなかなかできないのは非常に残念ですが、健康が第一だと思いますので、自粛期間は大人しく家でWiiでもしていようかなと思います。

    この文章を読んでくださっている皆さんの周囲でも様々な面での影響が出ていることかと拝察します。このご時世ですから、どうぞご自愛ください。


    さて、今回はこんな状況の中ですが、ちょうど新歓期ということですので、このブログを読んでくれているかもしれない新入生に向けて、そして自分のこの半年間の振り返りとして、この部活の魅力について語りたいと思います。


    まず、チームの雰囲気が私は大好きです。結構多くの部員に理解してもらえるのではと思うのですが、ソフト部には何だか特有の空気感があるような気がします。運動会系のノリともまた違って、ゆったりとしているけれどそれでいて真面目な感じが私にはとても心地よいです。部員同士もとても仲が良くて、飽き性の私も練習に行くのが苦にならないくらい楽しいひを過ごせています。


    また、チームの構成員すべてに役割が与えられているという点も私にとって非常に大きな魅力です。例えばマネージャーの話をすると、マネージャーだからといってお茶汲みや事務作業的な仕事のみを行うのではなく、「マネージャーだからこそできる仕事」がこの部活には多くあります。その最たる例が「配球図」です。

    配球図は全体での目標を定める中で最近新たに導入した取り組みなのですが、これが実際に打席に入ることのないマネージャーにとっては非常に難しいです。まず球種が見分けられません。そして球種を気にしながらコース、打球の行方まで追う…となるともう頭がパンク寸前です。

    しかし、その配球図は毎回の練習後ミーティングで活用されており、その光景を眺めると自分でも少しはチームに貢献できているのかな、と感じさせられ、モチベーションが上がります。そして、このような新たな試みが多くあるからこそ、試行錯誤を繰り返しながら自分自身も、チームともに成長することができます。

    余談になりますが、実は私も先日ブログを書いていたことみちゃん同様、パワプロをやっており(私はwii版です笑)、配球図のおかげか最近少し強くなった気がします。いつかことみちゃんとマネージャー対決がしたいです。


    この他にもこの部活の魅力は沢山あるのですが、長々と書くのもどうかと思うのでこのくらいにしておこうと思います。

    新入生のみなさんは、サーオリもテント列も中止になり混乱の中かと思いますが、事態が沈静化したおりには是非、日曜日の駒場球場までお越しください。きっとソフト部の雰囲気を感じ取って、好きになってもらえると思います。

    また、応援してくださっているみなさんにも、コロナの影響で今後の見通しが立たない状況ではありますが、どうか今後も温かく見守っていただけますと幸いです。


    初めてのブログということでかなり真面目に記載させていただきました。長文・駄文にも関わらずここまでお読みくださった皆さん、貴重なお時間をいただきありがとうございました。

    | 46期 | 00:48 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
    4月練習日程(新型コロナウイルスの流行に伴う弊部の対応)
    0

      こんにちは。

      新型コロナウイルスの流行の影響を受けての4月の活動予定についてお知らせします。

       

      【春季リーグ戦】

      例年4月に開始する春季リーグ戦については、東京都大学ソフトボール連盟から”リーグ戦開催は『順延』し、5月2日(土)(予定)より実施する”との連絡を受けました。そのため春季リーグ戦は4月には行われないこととなりました。

       

      【練習・新歓活動】

      通常練習や新歓活動についても、本学の学生支援課から”課外活動および課外活動施設の利用を当面の間中止する”という判断を受けました。そのため当部の4月中の通常練習や新歓活動も現在は全面中止の予定となっています。

       

       

      新型コロナウイルスの影響は昨今の報道のとおり、刻一刻と状況が変わっております。そのため上記団体による新たな判断があった場合はその都度ご報告させていただきます。日頃から当部のブログを見て下さっている皆様のご健康をお祈りいたします。

       

      (最終更新 3月26日)

      | 練習日程 | 14:40 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
      部員ブログ(荒川)
      0

        こんばんは
        久しぶりに回ってきました、44期の荒川です。


        どうやら昨日、東京都内で桜が満開になったようです。グラウンドの桜も満開で、そういった季節の移り変わりに風情を感じられれば大変よろしいのでしょうが、年々花粉症がひどくなっているように感じる自分にとっては、桜よりもスギ・ヒノキ、彼らの動向に戦々恐々とする毎日を過ごしております。


        新型コロナウイルスの影響でリーグ戦は残念ながら延期となってしまいました。
        具体的な日程は決まっておらず、また観客の有無など形式もはっきりとはしていませんので、日頃から応援してくださっている皆様に現時点では詳細をお伝えできないこと、大変申し訳ないのですが、また何か決まりましたらこのブログを通じてご連絡させていただきます。


        世界各地で感染拡大が進んでいるなか、日本は比較的持ちこたえているようです。日々刻々と変化するこの状況について、東大ソフトボール部OBであります、神戸大学の中澤港先生がホームページにて、詳細なメモを公開してくださっています。http://minato.sip21c.org/2019-nCoV-im3r.html
        中澤先生はつい先日、OB戦にも来てくださいましたが、中澤先生をはじめとして社会で活躍されているOBの方々がたくさんいらっしゃること、部の歴史というものに後輩の自分たちは誇りを持っております。
        そして自分たちも、これに恥じぬよう、ソフトボールを通じて、大学4年間のうちに人間的に成長していかなくてはならないと思っております。


        そういった意味では、我々44期は最後のリーグ戦を迎えようとしているわけです。ソフトボールに打ち込める最後の期間になります。
        いま振り返れば、あのときもっとこうしていればよかったとか、あのときなぜもっと考えを巡らせることができなかったのかとか、そういった後悔はそれぞれ大小はあるにせよ、みんな持っているはずだと思います。
        だからこそ、引退へのカウントダウンが始まってしまっているなか、どのくらい響いてくれるかはわからないけれど、でも自分たちよりももっともっと活躍して、充実して、そんな部活動生活を後輩には送ってほしいと、自分勝手な思いかもしれませんが素直にそう思い、今まで経験してきたことを後輩たちへ伝えられるように声をかけているつもりです。よく布施とは話をするのですが、最後にもっと、今まで以上に密にみんなとソフトができたらいいなとそんな思いで春休みの練習を過ごしています。


        個人的にも、チームとしても、調子は上々です。
        試合ができるのはもう少し先になってしまうかもわかりませんが、残りの練習も丁寧に取り組んでいくつもりです。


        最後になりますが、もしこれを読んでくれている新入生がいたら、4/12・4/19の新歓練習にぜひ遊びに来てください。
        太陽のもと、体を動かすのは健康にもいいはずです。(ビタミンDがなんとか…詳しくないですけれど笑)
        なんとなく気がむいた、それだけでも全然構いません。駒場の野球場でお会いできることを楽しみにしています。

        | 44期 | 21:56 | comments(1) | - | - | - | ↑PAGE TOP
        3/22 全体練習
        0

          こんばんは🌙

          本日の全体練習の報告をいたします。


          【メニュー】

          ・アップ

          ・トレーニング

          ・キャッチボール

          ・内外別守備練習

          ・外野シート

          ・走塁練習

          ・ティー打撃

          ・実戦練習


          実戦練習の様子



          実戦練習では、様々なケースを設定し、それぞれにおいてどのように攻撃していくかを、各チーム考えながらプレーすることができました。

          来週は練習試合が予定されているので、この練習の成果を発揮できたらと思います。


          また、本日は40期西舘さん、41期富田さん、41期森岡さんが練習に参加してくださり、ご指導いただきました。

          いつもありがとうございます。



          グラウンドの桜が一斉に開花し、とてもきれいに咲いています🌸

          季節の変わり目は体調を崩しやすいので、体調管理もしっかりと行い活動しましょう!



          (45期 小川)

          | - | 18:37 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
          3/1(日) 練習試合(対東京アスリートクラブ)
          0

            第一試合

            東京AC 100020  /3

            東大      00301×  /4

             

            バッテリー:大久保ー久次米

            二塁打:笹川、大久保

             

            〈戦評〉

            一回表、一死一二塁からタイムリーを浴び1点を先制される。

            三回裏、二死満塁から笹川が逆転の二塁打を放つ。その後もワイルドピッチで加点しこの回3点を奪う。

            五回表に同点とされるもその裏、大久保がタイムリーヒットを放ち勝ち越す。

            六回表を無失点で凌ぎ逃げ切った。

             

             

            第二試合

            東大      000331  /7

            東京AC  01153×  /10

             

            バッテリー:楠本ー荒川

            本塁打:楠本

            三塁打:楠本、笹川、竹村

            二塁打:閑念

             

            〈戦評〉

            二回、三回に1点ずつ失い2点ビハインドで迎えた四回表、犠牲フライを挟み4連打で3点を奪い逆転する。

            しかし四回裏、打者一巡の猛攻を受け5点を奪われ逆転を許す。

            五回表、相手投手の制球が乱れ、無死一二塁から楠本のスリーランホームランで追いつく。

            五回裏、失策も絡み3点を奪われ勝ち越しを許す。

            六回表、相手投手の制球の乱れから1点を返すも反撃及ばず敗戦した。

             

            第一試合はロースコアの試合となったが、集中力を切らさず勝利を掴めたことは収穫であった。第二試合は大量失点を喫する場面もあり、全員で負の流れを断ち切る雰囲気づくりをすることが今後の課題になると思う。

             

            文責:齋藤遥汰(44期)

            | 試合速報 | 18:08 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
            部員ブログ(吉川)
            0

              お久しぶりです、46期の吉川です。今週のブログを担当します。

               

              山田全自動という漫画家さんに絶賛ハマっています。twitterinstagramで毎日漫画を更新されているのですが、共感できるのはもちろん思わずクスッと笑ってしまうようなあるあるネタがツボです。是非。

               

              もうそろそろ新入生が入ってきて、僕たち46期は2年生になり、また先輩となります。

              6月に入部してから自分は先輩、OBの方々からいろんなものを頂いてきました。

              それが今度は少しづつ自分が何かを与える側に回っていかなければなりません。

              正直めちゃめちゃびびっとりますが、同時にどんな後輩たちが入ってきてくれるのか楽しみでもあります。

               

               

              とりあえず新歓頑張りましょう笑!!

               

               

              さて、最近大好きな漫画、スラムダンクを読み返しています。2年ぶりくらいに読み返したのですが、ソフト部に入ってから改めて見るとバスケ初心者の主人公、桜木花道が自分に重なってより一層心にしみます。

               

              その中に「お前のためにチームがあるんじゃねえ、チームのためにお前がいるんだ。」というセリフがありました。

               

              高校時代に初めてこのセリフを読んだ時には、正直このセリフはあまり好きじゃありませんでした。メンバーをチームの型にはめ込むような聞こえがあったからです。ですが、大学に入って初めてチームスポーツをやって、この一年でこの言葉の意味に気づかされました。

               

              一人一人が自分の役割を持ち自分が今どう動いたらチームにとって一番いいのか、自分がチームの一員であるという自覚を持つこと、そんなことを教えてくれているんだとおもいました。

              今の自分に足りていない部分なので、もっと頑張ります!

               

              最後になりましたが、このご時世ですので取り急ぎ練習試合が中止となって、ドタバタのここ1ヶ月でした。僕個人としてもいろいろなことがあった春休みでしたね。ええ、本当に。

               

              春休みも残すところあと2週間。春リーグに向けて準備を進めていきます!

               

              なんともまとまらない拙い文章となってしまいましたが、読んで頂きありがとうございました。来週のブログ担当は誰なのか、乞うご期待!!

              | 46期 | 18:41 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
              3/15 全体練習
              0

                こんばんは🌙

                本日の全体練習の報告をいたします。


                【メニュー】
                アップ
                ティー打撃
                キャッチボール
                全体守備練習
                実戦練習


                ↑実戦練習の様子


                ↑全体守備練習の様子


                本日は、昨日の雨による影響で整備に時間がかかってしまったため、急遽練習メニューを大幅に変更しました。

                短い時間でしたが、新型コロナウイルスの影響で続々と練習試合が中止となる中、実戦練習などを通して大変有意義な時間を過ごせたと思います。


                また、追いコンが新型コロナの影響で中止となってしまったため、本日の練習後に43期の先輩方へ記念品と色紙の贈呈を行いました。お忙しい中お越しいただきありがとうございました!


                (46期 和泉)


                | - | 18:26 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
                2/23(日)練習試合 (対東京学芸大)
                0

                  第1試合

                  東京 32302 =10

                  学芸 10201 =4

                  バッテリー:大久保ー荒川

                  二塁打:斎藤遥 布施(2)

                  三塁打:楠本 大久保

                  本塁打:荒川 布施

                   

                  <試合経過・戦評>

                  1表:楠本、斎藤遥、大久保の三連続長打と5番笹川の犠飛で3点を先制。

                  1裏:ヒットと盗塁で一死二塁となり3番のタイムリーで1点を失う。

                  2表:布施のタイムリー、相手バッテリーのミスも絡んで2点を追加する。

                  2裏:この回二つの三振を奪いテンポよく切り抜ける。

                  3表:荒川、布施のホームランで3点を追加。点差を7点に広げる。

                  3裏:2つの四球と犠飛で一死一三塁のピンチ。ワイルドピッチとセカンドへの強襲ヒットで2点を失う。

                  4表:ランナーを出すも無得点。

                  4裏:ランナーを出すも無失点。

                  5表:柴田が出塁し、布施がヒットで無死二、三塁とチャンスを広げると閑念のタイムリーで2点を追加する。

                  5裏:1点を失うもこの回全てのアウトを三振で取り試合終了。

                   

                  終始東大ペースで試合を進めることができた。下位打線がうまく機能した結果コンスタントに点が取れたゲームであった。

                   

                   

                  第2試合

                  学芸 11123 =8

                  東京 3107x =11

                  バッテリー:楠本ー久次米

                  二塁打:齋藤奎(2)

                  本塁打:楠本

                   

                  <試合経過・戦評>

                  1表:ヒットと盗塁で一死二塁とされ、3番のタイムリーで1点を先制される。

                  1裏:先頭楠本のホームランで追いつくと相手守備のエラーが絡みさらに2点を追加。

                  2表:ヒットで許したランナーが内野ゴロの間に生還し1点差になる。

                  2裏:二死から齋藤奎がヒットで出塁、盗塁で進塁するとワイルドピッチの間に生還する。

                  3表:この回も先頭に出塁を許しタイムリーヒットで1点を失う。

                  3裏:東大は四球でランナーを出すも無得点。

                  4表:エラーと四球でランナーをためると、5番の左越二塁打の間に2点を失う。

                  4裏:4本のヒットに加え4つの四球も重なり一挙7得点。

                  5表:この回相手打線に4本のヒットを打ち込まれ3点を失うもなんとか逃げ切る。試合終了。

                   

                  2ストライクからの失投や2アウトからの失点など要所での投球・守備の甘さが毎回の失点に繋がった。打線は相手のミスもあったが、浅いカウントからの積極的なスイングで良い攻撃のリズムを作れた試合であった。

                   

                  (文責:楠本)

                  | 試合速報 | 22:57 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
                  2/20 練習試合(対明治大学)
                  0

                    第一試合

                    東京 16112   11

                    明治 01003    4

                    バッテリー:大久保ー久次米

                    二塁打:柴田、竹村

                     

                    <戦評>

                    一回表、先頭の楠本が四球で出塁し、相手のミスが絡んで1点を先制。

                    一回裏、先頭を四球で出塁させるも、ミスなく無失点で切り抜ける。

                    二回表、柴田の二塁打から相手投手の制球が乱れ一挙6得点。

                    三、四回の攻撃も先頭が出塁し得点。

                    守備では二回に長打で1点を失ったものの、三、四回は危なげないピッチングで無失点。

                    連打で2点を得た五回の裏、安打と四球で3点を失うも後続を断ち時間切れ試合終了。

                     

                     

                    第二試合

                    明治 32029 16

                    東京 0090×   9

                    バッテリー:楠本、大久保ー荒川

                    本塁打:荒川、楠本

                    二塁打:齋藤遥汰

                     

                    <戦評>

                    一回表、先頭に安打を許すと、そこから3安打に四球が重なり3点を失う。

                    二回表、四球にエラーが重なり2点を失う。

                    5点ビハインドの三回裏、先頭が出塁すると荒川、楠本に本塁打、齋藤遥汰に二塁打が飛び出し、打者13人の猛攻で9点を得て逆転。

                    2点リードの5回表、先頭に本塁打を打たれ、四球と安打で逆転を許すと悪い流れを変えられずに9失点。

                    5回表に3死をとったところで時間切れ試合終了。

                    | 試合速報 | 18:58 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
                    3/9 全体練習
                    0

                      こんばんは🌕

                      本日の全体練の報告を致します。

                       

                      【メニュー】

                      ・アップ

                      ・トレーニング

                      ・キャッチボール・ボール回し

                      ・内外別守備練習

                      ・全体守備練習

                      ・ティー・マシン打撃


                      全体守備練習の様子


                      マシン打撃の様子


                      全体守備練習では、春リーグに向けてより実践的なケースを設定し、ランナー付きのケースノックを行うことでランナーの打球判断の練習も行いました。

                       

                      また、本日は41期森岡さん、43期大家さんが練習に参加して下さり、ご指導いただきました。

                      いつもありがとうございます。

                       

                      本日は春の陽気でぽかぽかと暖かい1日でした🌸

                      寒暖差で体調を崩しやすい時期になってくるので、

                      体調面のケアもしっかりと行いながら頑張っていきましょう!!


                      (45期 長谷川) 


                       


                      | - | 20:00 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP

                      The University of Tokyo Softball Club