東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
3/1(日) 練習試合(対東京アスリートクラブ)
0

    第一試合

    東京AC 100020  /3

    東大      00301×  /4

     

    バッテリー:大久保ー久次米

    二塁打:笹川、大久保

     

    〈戦評〉

    一回表、一死一二塁からタイムリーを浴び1点を先制される。

    三回裏、二死満塁から笹川が逆転の二塁打を放つ。その後もワイルドピッチで加点しこの回3点を奪う。

    五回表に同点とされるもその裏、大久保がタイムリーヒットを放ち勝ち越す。

    六回表を無失点で凌ぎ逃げ切った。

     

     

    第二試合

    東大      000331  /7

    東京AC  01153×  /10

     

    バッテリー:楠本ー荒川

    本塁打:楠本

    三塁打:楠本、笹川、竹村

    二塁打:閑念

     

    〈戦評〉

    二回、三回に1点ずつ失い2点ビハインドで迎えた四回表、犠牲フライを挟み4連打で3点を奪い逆転する。

    しかし四回裏、打者一巡の猛攻を受け5点を奪われ逆転を許す。

    五回表、相手投手の制球が乱れ、無死一二塁から楠本のスリーランホームランで追いつく。

    五回裏、失策も絡み3点を奪われ勝ち越しを許す。

    六回表、相手投手の制球の乱れから1点を返すも反撃及ばず敗戦した。

     

    第一試合はロースコアの試合となったが、集中力を切らさず勝利を掴めたことは収穫であった。第二試合は大量失点を喫する場面もあり、全員で負の流れを断ち切る雰囲気づくりをすることが今後の課題になると思う。

     

    文責:齋藤遥汰(44期)

    | 試合速報 | 18:08 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
    2/23(日)練習試合 (対東京学芸大)
    0

      第1試合

      東京 32302 =10

      学芸 10201 =4

      バッテリー:大久保ー荒川

      二塁打:斎藤遥 布施(2)

      三塁打:楠本 大久保

      本塁打:荒川 布施

       

      <試合経過・戦評>

      1表:楠本、斎藤遥、大久保の三連続長打と5番笹川の犠飛で3点を先制。

      1裏:ヒットと盗塁で一死二塁となり3番のタイムリーで1点を失う。

      2表:布施のタイムリー、相手バッテリーのミスも絡んで2点を追加する。

      2裏:この回二つの三振を奪いテンポよく切り抜ける。

      3表:荒川、布施のホームランで3点を追加。点差を7点に広げる。

      3裏:2つの四球と犠飛で一死一三塁のピンチ。ワイルドピッチとセカンドへの強襲ヒットで2点を失う。

      4表:ランナーを出すも無得点。

      4裏:ランナーを出すも無失点。

      5表:柴田が出塁し、布施がヒットで無死二、三塁とチャンスを広げると閑念のタイムリーで2点を追加する。

      5裏:1点を失うもこの回全てのアウトを三振で取り試合終了。

       

      終始東大ペースで試合を進めることができた。下位打線がうまく機能した結果コンスタントに点が取れたゲームであった。

       

       

      第2試合

      学芸 11123 =8

      東京 3107x =11

      バッテリー:楠本ー久次米

      二塁打:齋藤奎(2)

      本塁打:楠本

       

      <試合経過・戦評>

      1表:ヒットと盗塁で一死二塁とされ、3番のタイムリーで1点を先制される。

      1裏:先頭楠本のホームランで追いつくと相手守備のエラーが絡みさらに2点を追加。

      2表:ヒットで許したランナーが内野ゴロの間に生還し1点差になる。

      2裏:二死から齋藤奎がヒットで出塁、盗塁で進塁するとワイルドピッチの間に生還する。

      3表:この回も先頭に出塁を許しタイムリーヒットで1点を失う。

      3裏:東大は四球でランナーを出すも無得点。

      4表:エラーと四球でランナーをためると、5番の左越二塁打の間に2点を失う。

      4裏:4本のヒットに加え4つの四球も重なり一挙7得点。

      5表:この回相手打線に4本のヒットを打ち込まれ3点を失うもなんとか逃げ切る。試合終了。

       

      2ストライクからの失投や2アウトからの失点など要所での投球・守備の甘さが毎回の失点に繋がった。打線は相手のミスもあったが、浅いカウントからの積極的なスイングで良い攻撃のリズムを作れた試合であった。

       

      (文責:楠本)

      | 試合速報 | 22:57 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
      2/20 練習試合(対明治大学)
      0

        第一試合

        東京 16112   11

        明治 01003    4

        バッテリー:大久保ー久次米

        二塁打:柴田、竹村

         

        <戦評>

        一回表、先頭の楠本が四球で出塁し、相手のミスが絡んで1点を先制。

        一回裏、先頭を四球で出塁させるも、ミスなく無失点で切り抜ける。

        二回表、柴田の二塁打から相手投手の制球が乱れ一挙6得点。

        三、四回の攻撃も先頭が出塁し得点。

        守備では二回に長打で1点を失ったものの、三、四回は危なげないピッチングで無失点。

        連打で2点を得た五回の裏、安打と四球で3点を失うも後続を断ち時間切れ試合終了。

         

         

        第二試合

        明治 32029 16

        東京 0090×   9

        バッテリー:楠本、大久保ー荒川

        本塁打:荒川、楠本

        二塁打:齋藤遥汰

         

        <戦評>

        一回表、先頭に安打を許すと、そこから3安打に四球が重なり3点を失う。

        二回表、四球にエラーが重なり2点を失う。

        5点ビハインドの三回裏、先頭が出塁すると荒川、楠本に本塁打、齋藤遥汰に二塁打が飛び出し、打者13人の猛攻で9点を得て逆転。

        2点リードの5回表、先頭に本塁打を打たれ、四球と安打で逆転を許すと悪い流れを変えられずに9失点。

        5回表に3死をとったところで時間切れ試合終了。

        | 試合速報 | 18:58 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
        11/17 練習試合(対高崎経済大学)
        0

          高経 3611156 23

          東大 2040002  8

           

          バッテリー:楠本、大久保ー久次米、荒川

          本塁打:齋藤遥

           

          <戦評>

          1回表、無死一、二塁から3本のタイムリーを浴び3点を先制される。

          1回裏、齋藤遥のツーランにより1点差に迫る。

          しかし2回表、守備のミスとタイムリーが重なり6点を奪われる。

          その後も相手打線を止めることができず毎イニング得点を重ねられた。

          打線は笹川、柴田のタイムリーヒットで追い上げるも及ばなかった。

           

          この練習試合を持ちまして今年の試合はすべて終了いたしました。

          来年はよりチーム力を高められるよう、この冬に練習を重ねて参ります。

           

          文責:閑念(44期)

          | 試合速報 | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          10/26 関東大学男子ソフトボール選手権大会(対文教大学)
          0

            東京大学 11003  5

            文教大学 13152 12

             

            バッテリー:大久保、楠本−久次米

            二塁打:竹村

             

            戦評

            一回表、二死から齋藤遥、大久保の連打で一、三塁とし、5番笹川のタイムリー内野安打で一点を先制する。

            同点に追いつかれて迎えた2回表、竹村、浜舘の連打でチャンスを作り楠本の右犠飛で再び勝ち越す。しかし、2回裏に四死球でためた走者をタイムリーで返され逆転を許す。

            三回、四回と守備が乱れ、相手に着実に加点を許す。

            五回には二死満塁から竹村が走者一掃のタイムリーツーベースを放ち意地を見せるも、守備を立て直すことができず、その裏に二点を追加されコールド負けを喫した。

             

            本大会をもちまして本年度の公式戦がすべて終了いたしました。応援いただいて皆さまに心から感謝申し上げます。

            これからのオフシーズンで一致団結してレベルアップを目指し、来シーズン期待に応えられるチームとなれるよう励んでまいります。

            | 試合速報 | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            10/20 練習試合(対慶應大学)
            0

              第一試合

              東京 0060   6

              慶應 0225× 9

              バッテリー:大久保、楠本ー久次米

              二塁打:楠本


              <戦評>

              初回は両チーム無得点。

              二回裏、死球・失策で招いたピンチに、相手九番に左中間を破る三塁打を浴び二点の先制を許す。

              三回表、二死から打線が繋がり、ヒット四本を含む打者一巡の攻撃を見せ六得点。

              三回裏、2つの四球とレフトへの二塁打の間に二得点。二点差と詰め寄られる。

              四回表、二本のヒットで二死二・三塁とするもタイムリーが出ず無得点。

              四回裏、制球が乱れる間に三本の単打と一本のホームランを集中されて五点を失う。

              ここで楠本へ継投、楠本は四球と味方の失策でピンチを招くも相手八番から三振を奪い二死までこぎ着ける。しかし逆転を許した状態で相手攻撃中に時間切れを迎えあえなくゲームセットとなった。



              第二試合

              慶應 8220 12

              東京 904× 13

              バッテリー:浜舘、楠本ー荒川、楠本ー柴田

              本塁打:大久保、楠本

              三塁打:柴田、浜舘、閑念


              <戦評>

              初回、先発二試合目となった浜舘が相手一番を中飛、四番を遊ゴロに抑え二死を奪う。しかし制球が定まらず打者一巡をしたところで楠本へ継投。楠本は四球とバッテリーエラー、二遊間への内野安打で一点を失うも三番を打ち取り初回を閉める。

              一回裏、先頭から四球三つと安打八本(うち本塁打と三塁打二本を含む)を放ち九得点。逆転に成功する。

              しかし慶應大学は安打に盗塁を絡めながら二回と三回の2イニングで四得点。逆転に成功する。

              逆転を許した東大は三回裏、内野安打に1つの四球、代打閑念のレフトへの三塁打、笹川のセンターへの犠牲フライで四得点。再び逆転に成功する。

              リードを得た楠本は四回表を無失点に抑え、この時点で制限時間を迎える。



              二試合を通じて得た課題、特に守備面での不安を払拭することが今後必要になってくる。春戦えるような土台づくりをしていくためにも今回の試合を受けて日頃の練習を見直していくことが早急に求められる。


              文責:荒川(44期)

              | 試合速報 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              10/5 練習試合(対筑波大学)
              0

                1試合目

                 

                東大 3 0 2 0 1 0 2   8

                筑波 2 1 1 1 4 0 ×   9

                 

                バッテリー 大久保・楠本ー久次米

                 

                本塁打 齋藤遥、大久保

                二塁打 大久保、笹川、竹村

                 

                戦評

                 

                1回、齋藤遥のスリーランホームランで先制するも、その裏に相手にも本塁打を許し1点差に迫られる。

                 

                同点に追いつかれた3回、大久保、笹川の連続二塁打で勝ち越すも、5回裏にヒットに四死球が絡み一挙4点を挙げられ逆転されてしまう。

                 

                最終回、竹村、大久保の二塁打で1点差となり、なおも一死二塁のチャンスであったが後続に一本が出ずゲームセット。

                 

                5回まで相手に毎回得点を許してしまい、波に乗ることのできない試合であった。ピンチの場面で守りきる集中力をチーム全体で磨いていきたい。

                 

                 

                2試合目

                 

                筑波 13 0 0 5 4   22

                東大  0  0 0 0 0    0

                 

                バッテリー 浜舘・楠本ー久次米

                 

                戦評

                 

                試合初登板となった浜舘であったが、制球が定まらず一回途中で降板。あとを受け継いだ楠本も二死から連続ヒットを浴び、13点を奪われてしまう。

                 

                打線も笹川、久次米、楠本の単打3本のみに抑えられ得点を奪うことができなかった。

                 

                1、2年生はまだまだこの秋から投手に本格的に挑戦し始めた段階なので、1つ1つの場面をしっかりいい経験に変え、チームのエースとなれるように頑張ってほしい。

                 

                 

                文責:布施(44期)

                | 試合速報 | 23:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                9/22 秋リーグ第5戦(対立教大学)
                0

                  東大 0000  0

                  立教 0316× 10

                   

                  バッテリー:大久保、楠本ー久次米

                   

                  戦評

                  一回表、二死から齋藤(遥)がヒットで出塁し盗塁で得点圏に進むも、後続続かず無得点に終わる。

                  一回裏、先発大久保の制球定まらず3つの四球で二死満塁のピンチを招くも、後続を抑えなんとか無失点で切り抜ける。

                  二回表、先取点を取りたい東大であったが、二死からの竹村のヒット一本に止まり無得点に終わる。

                  二回裏、二死から四球でラストバッターに出塁を許すと、相手1,2番に二者連続のランニングホームランが飛び出して3点を先行される。

                  三回裏にも1点を追加されて4点差で迎えた四回表、笹川のヒットなどで一死一二塁のこの日最大のチャンスを迎えるも、後続が打ち取られ無得点に終わる。

                  嫌な流れを断ち切りたい東大であったが、四回裏に6点を追加され、四回コールド負けとなった。

                   

                  この試合を持ちまして今季リーグ戦は全日程を終了しました。結果は5戦5敗に終わり3部降格となりました。今季のリーグ戦の成績は振るいませんでしたが、現体制の集大成となる春季リーグ戦に向けてもう一度全員で全力で取り組んで参りますので、変わらぬご支援・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

                   

                  文責:齋藤(遥) (44期)

                  | 試合速報 | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  9/21 秋リーグ第4戦(対日本大学)
                  0

                    東京 030010   4

                    日本 10220x   5

                     

                    バッテリー:大久保・楠本ー久次米

                    3塁打:楠本

                     

                    戦評

                     

                    1回裏

                    相手2,3番の連続長打で1点を失う。

                     

                     

                    2回表

                    先頭大久保、続く笹川が出塁し布施の犠打で1死2,3塁とすると、7番竹村のリーグ戦初安打が逆転の2点タイムリーとなる。

                    閑念のタイムリーヒットもあり3−1とする。

                     

                    3回裏

                    先頭に死球を与えるも久次米が盗塁を阻止する。

                    しかし続く打者にヒットで出塁を許すと3番にスタンドまで運ばれ、3−3の同点とされる。

                     

                    4回裏

                    この回も先頭に出塁を許すとバント処理のミスとタイムリーヒットでさらに2点を失い、3−5とリードを許す。

                     

                    5回表

                    この回先頭楠本の3塁打で無死3塁とすると、続く齋藤(遥)の遊ゴロの間に生還し4−5とする。

                     

                    5回裏、6回表は両チームとも無得点で時間制限により試合終了。

                     

                     

                    少ないチャンスを生かして得点を重ねたが、相手中軸の決定力に及ばず、リーグ戦4敗目となった。

                     

                     

                    文責:楠本(44期)

                    | 試合速報 | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    9/15 練習試合(対都留文科大学)
                    0

                      1試合目

                       

                      東京大学   0000  0

                      都留文科大学 2413×    10

                       

                      バッテリー:大久保ー久次米

                       

                       

                      戦評

                       

                      1回表は2死ランナー1塁で盗塁を試みるも失敗に終わり無得点。

                      1回裏、四球にエラーが絡み2点を先制される。

                      2回表、1死で笹川が塁に出るも後続が打ち取られまたも無得点。

                      その裏、四球とヒットで溜まったランナーをタイムリーで返され、追加点を奪われる。

                      3回以降、東大はチャンスを作るもタイムリーが出ず、得点を奪えない。

                      一方、守備では相手打線の流れを止められず、4回コールド負けとなった。

                       

                       

                       

                      2試合目

                       

                      都留文科大学 000000   0

                      東京大学   103111× 7

                       

                      バッテリー:楠本ー柴田

                       

                      二塁打:笹川

                       

                       

                      戦評

                       

                      1回表、四球などで2死満塁のピンチを招くも、先発楠本がしっかり投げきりピンチを切り抜ける。

                      1回裏、1番閑念がヒットで出塁し、相手のエラーなどで1点を先制する。

                      2回表もランナーを背負いながらも後続を打ち取り無失点。

                      3回以降、守備ではランナーを出しながらも要所を抑え、相手の反撃を許さない。

                      3回裏の攻撃では、9番柴田の出塁から打線が繋がり、一挙3点を奪う。

                      4回以降もランナーを溜めて得点を重ね、6回コールド勝ちとなった。

                       

                       

                       

                      文責:久次米(44期)

                      | 試合速報 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP

                      The University of Tokyo Softball Club