東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
ファイナル部員ブログ(坂本)
0

    43期で主将を務めた坂本です。5/25のインカレ予選をもって引退しましたのでファイナル部員ブログを書きます。少し間が空いてしまい申し訳ありません。

    最後のブログは後輩とOB・OGの方々への言葉を書かせていただこうと思います。

     

     

    【後輩に向けて】

     まずは1年間ついてきてくれて、そしてサポートしてくれてありがとうございました。色々と無理を聞いてもらったなと思うことも多いです。入部して間もない45期の2人には同じ内野手ということもあって、早くから1部レベルのスキルを求めてきました(たまに言葉がキツくなってごめんね笑)。その他のほとんどの選手にも複数ポジションを練習させたり、筋トレや体重増量についてもノルマを設けて管理してきたと思います。1年生の頃の自分の練習態度は、とてもソフトに真剣に向き合っているとは言えないものだったので、今の選手たちに高い意識を求めることに若干の負い目もありましたが、諦めずに続けてくれてありがとう。

     44期は乃木ヲタも大量発生したし、チーム坂本もあったし、飲みにもたくさん行ったので特に思い出が多いです。45期は2人とも筋トレのバディになって、プレーの面でも1年間で確かな成長を感じられて良かったです。

     

     

     そして新体制に移行しましたが、ここで改めて「部活をする意味」について考えてもらいたいです。大学生活を充実させる選択肢は色々あって、学業に打ち込む、世界を旅して価値観を深める、大人数のサークルに入って人付き合いを磨く、などやり方はいくらでもあります。そんな中で、我々は敢えて「部活に入る」という選択をしました。

     そうであるならば、まず第一に部活を楽しむべきです。練習の中でも外でも、試合でも飲み会でも、まずは楽しむことを大切にしてほしいです。そして第二に、部活をする中でソフトボールの技術以外でも何か1つ学びを得てほしいです。主将であろうと、1年生であろうとチームとして共通の目標に向かって動く中で何か得るものがあって欲しいですね。

     

     例えば自分の主将時代に、「主将の視点を全員に身につけてほしい」という話をミーティングで何度かしたと思います。その発言の背景には、全員が“主将人材”となってチームを客観的に俯瞰できるようになると、チームの問題点とか目標とかをより強く共有できるはずだ、という思いがありました。1人1人が早く自分の問題をクリアにして、チーム全体を見渡す余裕を持てるよう練習から意識してほしいです。そういう視点を養えるのが部活動の良さだと思っています。

     

     一体感のあるチームになってほしいと思ったので少し書いてみました。それぞれ考えることは違っていいし、得るものも様々だと思いますが「チーム目標」と「足元の練習でやるべきことは何か?なぜその練習をするのか?」というポイントだけは全員で共有して、有意義な時間を積み重ねていってください!

     

     

    【OB・OGの皆様へ】

     最後になりますが、OB・OGの皆様へ日頃の感謝をお伝えできればと思います。

     ここ数年、先輩方の力により東大ソフト部は快進撃を続け、私も主将就任時からOB・OGの皆様の注目と期待を感じながらチームの指揮を執ってきました。時にそれは重圧ともなりましたが、やはり自分たちの試合が注目されていることの実感は大きなやりがいとなりました。

     41,42期の先輩方が引退した後、“少数精鋭”のチーム作りを実現できず、東京都2部降格・インカレ予選敗退という結果を招いたのは、チームの指揮官としての私の責任です。しかし大家も申していた通り、これでチームの成長が止まったわけではありません。早速44期新体制の下、来季での1部リーグ再昇格に向けて動き始めることでしょうし、今の選手たちにはそれを実現するのに十分なポテンシャルがあると信じています。私も今後は1人のOBとして積極的に練習の補助を行っていきますので、全てのOB・OGの皆様には引き続き現役選手たちの活躍に期待をしていただきたく思います。

     今後とも温かいご声援のほど、何卒宜しくお願い致します。

     

     

     

    長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。3年と2ヶ月の間、お世話になりました。

    現役選手の皆さん頑張ってください!!

    | 43期 | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    ファイナル部員ブログ下 (大家)
    0

         こんにちは、43期の大家です。最後となったファイナル部員ブログ下では、周囲の関係者の方々への挨拶でこのブログを締めくくりたいと思います。


      【OBの方々へ】

         日頃からのご声援やご支援、誠にありがとうございます。そのご支援にも関わらず今季、2部降格という結果になってしまい申し訳ありませんでした。これからは、自分はOBという立場になります。1部から落ちた事を悲観するだけでなく、そこから現役達がまた2部から這い上がるための手助けをするOBになれればと、若輩者ながら思います。改めまして、今後ともよろしくお願い致します。


      【代の近かったOBの方々へ】

         色々お世話になりました。2部昇格を経て、先輩たちが苦労の末に昇格した1部リーグという舞台を途切れさせてしまい誠に申し訳ありませんでした。それ以前を振り返ると、様々なソフトの指導や成長した自分を先輩方が評価してくれる事が自分のソフトボールの糧でした。2部優勝、1部昇格、インカレという東大ソフト部の歴史的瞬間が生まれたのは先輩方のおかげであり、その瞬間に自分が立ち会えたのも先輩方の指導やアドバイスがあったからです。本当にありがとうございました。


      【同期・後輩へ】

         監督でありながら身勝手な振る舞いをするなど、色々迷惑をかけてしまい申し訳ありませんでした。皆さんに1部リーグを引き継げず本当にごめんなさい。

         結果を出せなかったのは確かですが、だからと言って皆さんがダメという筈はありません。結果を出した先輩方がスゴいのは勿論です。ですが、苦しいチーム運営の中で1部というプレッシャーに耐えながら一つのチームを成立させた皆も別の意味でスゴいと、一緒にプレーした僕は思っています。本当にありがとう。

         「ソフトボールは楽しい」という事さえ見失わなければ大丈夫です。応援しています、頑張って下さい。


         他にも読んでいるかは分かりませんが、家族、自分のプレーの基本を形成してくれた高校同期、ソフトボールで繋がった他大学の人達、相談を聞いてくれた友人達、多くの方々に支えてもらいました。本当にありがとうございました。これにて僕の現役生活もファイナル部員ブログも終了です。嫌な時期もあったのに、いざ引退が近付くともう少し続けてみたかったなあと思えたのは良い部活人生だった証拠です。長くなりましたが、読んで頂きありがとうございました。

      | 43期 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      ファイナル部員ブログ中 (大家)
      0

           こんにちは、43期の大家です。ファイナル部員ブログ中では自分にとって印象的な試合の話をしたいと思います。


        【考えが変わった試合】

           2年の10月末の関東大会の理科大戦です。大会3回戦、理科大相手に接戦を制し、3位入賞を果たした試合です。

           9月、初の1部リーグでの戦いで全試合ボコボコにされ、2部で勝ち負けの緊張感を味わう方が楽しいのではと、この試合をやるまで自分は恥ずかしながら思ってしまっていました。1部に昇格させてくれた先輩方に本当に失礼な話です。しかし、この日のチームは変わっていました。相手もベストメンバーではないといえ、関東1部のピッチャーからヒットが生まれ、粘り強い投球で相手打線に対抗し勝利。都合のいい解釈かもしれませんが、東京都1部のチームに刺激を受けたからこそ成し遂げられた勝利だと思います。

           ようやく自分は「高みにこだわるべき」というスポーツでは当たり前のことに気付けました。苦戦を強いられても、1部リーグというレベルは自分達のレベルを引き上げてくれる。強くなれば、関東3位というソフトが楽しくてたまらない所まで到達できる。1部リーグへの執着心を自分はやっと持つことができました。


        【吹っ切れた試合】

           色々悩んだという意味で4年春の学芸戦も印象的です。先ほど述べた「高みにこだわる」という考えですが、最後の4年の春リーグは逆にこの考えが自分を苦しめていました。「1部に残らなければならない」という義務感がソフトをやる理由になってしまい、とてもしんどかったです。中央大と国士舘大のダブルヘッダーで大敗しチームがどん底になっていたその日、OBの方々から口頭やラインで「もっと楽しんで欲しい」「前の大家はもっと楽しそうにやっていた」というお言葉を頂きました。

           「高みにこだわる」という事はスポーツをやる上での当たり前の理屈に過ぎず、スポーツをやる理由は「楽しいから」です。OBの方々の言葉のおかげで自分はきちんとそれらの考えの線引きが出来ました。楽しむこともテーマにした学芸とのリーグ戦、自分は打席や守備、一つ一つが楽しくてたまりませんでした。プレーも自然とベストが出ていたのです。東大の2部降格が決まった悔やむべき試合です。しかし、良い意味で印象深い試合の一つにこの試合もなったのも事実です。


           上の2つの試合を自分はきっと忘れる事はないでしょう。インカレ、人生初HRの日体戦、ヘルメットを壊した東日本、他にも忘れられない試合は数え切れません。長くなりましたが、お読みいただきありがとうございました。

        | 43期 | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        ファイナル部員ブログ上 (大家)
        0

             こんにちは。43期の大家です。ファイナル部員ブログを執筆したのですが、4年間はまとめきれず複数に分けました。すいません。各内容は以下の通りです。暇な時に読み進めて頂くと幸いです。


          ○上:自分のソフトボールの軸

          ○中:印象的な試合

          ○下:周囲の関係者の方々へ


          【自分のソフトボールの軸】

             僕がソフト部に入った理由として「先輩とやったサッカーが楽しかったから説」などがありますが、あれは嘘です。確かに楽しかったですが、僕がソフトをやろうかなと最初に思ったのは新歓のテント列での事でした。新歓PVで観たソフト特有の小技は、高校野球時代に足を活かしていた僕を強く魅了したのです。僕は「ソフトなら自分の特性を野球以上に活かせるかもしれない」と思い、新歓練習を重ねて入部を決めました。

             この「自分の特性をソフトボールに活かしたい」という考えがソフトの軸になっていた気がします。1年の秋、怪我が続き、打撃も月並みで、ソフトに迷っていた自分はふとこの軸を思い出しました。「自分が高校野球で得意だった事をソフトでもやってみよう」。野球とは若干違うソフトのバントを練習し遂に1年の春合宿で形になり始めました。バントによって、初めて「足を活かす打者」になれました。

             守備練習を積み重ねる内に2年頃から足が守備範囲に結び付く様になりました。「この足で自分にしか捕れない打球があるかも」という楽観は幸いにも守備への自信に繋がり、競技人生で初めて守備が楽しいと思えるようになりました。

             この軸は終盤も自分を助けてくれました。それ以前はラッキーヒットなどで偶然1部リーグでも数字が出ていたのですが、3年の秋リーグに自分が打てない現実にとうとう直面しました。それまで目を背けていたスラップを遂にやる事に決めました。「3年の秋だろうと、足という自分の持ち合わせの能力を活かして新しい事に挑むしかない」。同期や後輩、マネやネット動画など様々な所から吸収しつづけ、秋リーグの最終戦、ついにスラップを決める事が出来ました。最後の最後で「足を活かすソフトボール選手」になり、「自分の特性をソフトボールに活かしたい」と未来の自分を信じてくれた1年生の4月の自分にようやく応える事が出来ました。

             ソフトボールをやる上での自分の軸みたいなものを、途中に変えてもいいので常に持っておくのが大事だと思います。「長打を量産する」とか恥ずかしい目標で大丈夫です。目標ってそもそも恥ずかしいものなので。軸=目標みたいな感じになってますが、「こういう選手になりたい」という目標が、ソフトをやる動機と練習での具体的な指針の両方を教えてくれる、選手としての軸になると僕は信じています。


          長くなりましたが、お読みいただきありがとうございました。

          | 43期 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          部員ブログ (大家)
          0

            【ごあいさつ】
             新年あけましておめでとうございます。43期の大家です。前回の僕の部員ブログから全然空いていませんので、たまには別の事を書こうかなと。僕の今回のブログのテーマは「なぜ部活をやるのか」。テーマがテーマなので、あまり熱くならないよう努めます😅

             

             

            【ネットすべてに賛同はできない】

             ネットに「部活 メリット」と聞いてみると、それはたくさんの答えが返ってきます。上下関係を含めた人間関係を学べるから、勉強以外のことも学べるから、体を鍛えられるから、就活に役立つから…。

             それらはもちろん正しいのですが、それは部活が終わってから感じる事だよなとか、教育者側の考えるメリットだよなと思う事には自分はイマイチ賛同できませんでした。「心身が育っているなあ」と思いながらバットを振り、ボールを投げるのでしょうか。僕はそんな高尚じゃありません😫

             

             

            【シンプルな理由でいい】

             自分的には「そのスポーツにハマっているから」これで十分だと思います。自分のソフトボールで言うと、相手バッテリーを読んで小技を決めた瞬間、練習しないと追いつけない球を取れた瞬間とかでしょうか。スポーツをやっている誰しもが、自分でも気持ち良いくらいのプレーや仲間に対する誇りを感じる瞬間を経験すると思います。そして、その瞬間が同時にそのスポーツにハマる瞬間なのです。

             スポーツに熱中する気持ちが多くの人をそのスポーツへと駆り立てています。そしてその気持ちは、学生が有限な学生生活の時間を割いて部活をやるに値するくらいの価値を持っていると信じています。

             

             

            【最後に】
             ちょっと暑苦しいですね。すごく当たり前の理由かもしれませんが、当たり前なら簡単にできる、という事にはなりません。ずっとこんな事を思って部活を続けるというのは中々難しいのが現実です。

             それでもソフトと何か別の事を天秤にかけたくなった時はこの事を思い出して欲しいとは思います。次回からは通常運転の部員ブログかもしれないし、自由に書かれているかもしれません。お楽しみください😄

            | 43期 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            新年の御挨拶
            0

              43期主将の坂本勇司です。

              遅ればせながら、新年明けましておめでとう御座います。

               

              昨年はOB・OGの皆様の温かいご声援をいただき、京大戦勝利や12年ぶりのインカレ出場、1部リーグ初勝利などの戦績を収めることができました。今年は部員12人と、さらに少ない部員数でのスタートとなっておりますので、本年も引き続き

              ご支援のほど宜しくお願い致します。

               

              また、部員ブログや練習ブログなど現役部員の活動報告の機会も増やしていきますので、そちらも見ていただければと思います。

               

               

              坂本

              | 43期 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              HAPPY BIRTHDAY!! 大家くん!
              0

                こんにちは!

                本日12月3日は43期大家直也くん、21歳のお誕生日です!

                おめでとうございます!

                 

                それでは早速、皆さんからの質問と回答を紹介します。

                 

                 

                ・最近の後輩諸君について一言お願いします!

                →ソフト技術だけでなくソフト知識もつけていきましょう

                 

                ・44期、45期に一言ずつお願いします

                →44期:いい考えを持っているので、それを皆もっとチームに還元できると良いかなと。仕事を広げる以前に、今ある仕事を期日通りにきちんとやってください

                 45期:金をすぐ返さずすいませんでした、土下座、土下座します。OB総会色々動いてくれてありがとう、助かりました。

                 

                ・43期のいいところは?

                →4人なのに密度が濃いところ、下級生に手を出しがちなところ

                 

                ・スラップ上手すぎませんか?

                →ありがとう。打っても内野ゴロしか打てないので、いっそ狙ってそれを打とうと。発想の転換とでもいうべきでしょうか

                 

                ・現在のスラップの完成度は何%くらいですか?

                →精度とかバリエーションをもうちょい上げたいという構想はあります。60%ぐらい?

                 

                ・小技とヒッティングどちらが好きですか

                →小技。ヒッティングは今メディシンボールより飛ばないからね

                 

                ・来春のリーグ戦にかける思いを聞かせてください

                →今度こそ集大成にしたい

                 

                ・いつからそんなに陽気なキャラになったのですか?

                →ソフト部でのキャラはそんなに陽気じゃないと思うけど笑DQN中学に入ったところから自分の人となりが狂い始めたかな

                 

                ・何フェチ?

                →髪かな。長さだけじゃなくてどのぐらいストレートかも

                 

                ・年末の楽しみは何ですか?

                →いろんな人との忘年会は純粋に楽しみです。あと国内旅行に行くかもしれないので、行くとしたらそれも楽しみです

                 

                ・最近見た面白い映画は?

                →友達に勧められた「イミテーション・ゲーム」はかなりお勧めです。ナチスの暗号機の解読に挑むイギリス軍を描いた歴史モノなんですが、それが素晴らしい演技やストーリー展開で昇華されています。

                 

                ・きのこの山派ですかたけのこの里派ですか?

                →たけのこ一択。アルフォートが大好きなので似通った部分もあるたけのこが好きです。

                 

                ・チーム大家加入条件は何ですか

                →波長がチームと合うかどうか。ちなみに久次米はメンバーですが合ってません

                 

                ・最近はまっている事について語ってください。

                →Netflixで斉木楠雄のΨ難と交響詩篇エウレカセブンを観てます。斉木楠雄はシュールなツッコミが冴えまくっているギャグアニメで、エウレカは典型的なボーイミーツガールで熱いです。Netflixなので久次米にテラハを勧められたのですが、観るべきなのでしょうか。

                 

                ・最近元気ないですか?

                →心配してくれてありがとう。頭使おうとするとペチャクチャ喋ってる場合じゃなくなるので、元気がないように映るみたいです。

                 

                 

                 

                 

                大家くんの誕生日ブログを書くのもこれで3回目ですが、毎回回答の速さに驚かされます。

                さすが仕事が速いですね!

                今年は主務もやって監督もやって、私には想像もつかないくらい忙しかったと思います。

                冬のオフはゆっくり休んで疲れを癒してほしいです!

                 

                充実した1年になりますように。これからも応援しています!

                 

                | 43期 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                部員ブログ(大家)
                0

                     こんにちは、43期の部員ブログのアンカーを務める大家直也です。実は監督をやっています。最近あった事、最近の生活、ソフトボールの事などなどお話させてください。

                   

                  【最近あった事】
                     他大学の学園祭に行った事でしょうか。そこの大学にそれぞれ映画製作と男子チアをやってる高校同期が居たので、他の高校同期と一緒に複数人で観に行きました。
                     映画製作は映像の意味を誰一人理解出来ませんでした。出演した本人も分からなかったみたいです。うーん映像で伝えるって難しいですね。
                     しかし男子チアの方はと言うと目の前で、人が立ったままピラミッドを組んだ挙句一番上の人がジャンプして空中で回転するのですから、あまりの凄さに唖然となったと言うのが一番近い感想です。この学園祭で引退らしく、本当にお疲れ様でしたね。僕はいつ引退するのでしょうか。

                   

                  【最近の生活】
                     忙しいながらも楽しく過ごしています。工学部に進んだので日々の実験レポートをこなしたり、相変わらず襲ってくる主務や常務の仕事をこなしたり、秋リーグ前日の飲酒とカラオケが原因で試合前は声が出なくなったり(試合中に支障は無かったので許してほしいです)、大変ながらも楽しいです。
                     最近の癒しは長い通学時間で小説やアニメを観る事でしょうか。小説は読んでて作者の言葉の巧みさに唸るばかりですし、アニメは最近まで「夏目友人帳」を見ていたのですがよく電車内で泣いていました。特に、42期の先輩からオススメされた「宇宙よりも遠い場所」というアニメは凄かったですね。授業中に号泣しすぎて板書が見えませんでした。

                   

                  【ソフトに関して】
                     あんま無いです。自分やチームが抱える課題を思い悩むだけでなく、チームメイトの成長や頑張りに気付き肯定する事も大切なのになあ、とチームに対して思うくらいでしょうか。

                   

                  以上です。これにて43期のブログも終了です。いつかまた書かれる部員ブログにご期待ください。

                  | 43期 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  ファイナル部員ブログ(角)
                  0

                    こんにちは!43期のマネージャーをしておりました角です。

                    秋リーグで引退し、最後のブログとなりました。

                    最後ということで、私も部活について今考えていることを書いていきたいと思います。

                     

                    部活について振り返ると、最初は何もわからず、覚悟して入部したはずなのに何もできないことが悔しいと感じる場面が本当に多かったです。上級生になってからも、自分がみんなの足を引っ張っていると感じ、苦しい時期がありました。そんな中で、面倒くさがりながら(笑)話を聞いてくれたみずか、アドバイスをくれた先輩方、仲良くしてくれた後輩たちに何度も助けられてきました。正直に言うと納得のいく終わり方ができたかはわかりませんが、チームのために自分ができることが何かを考えた経験や、たくさんの人に支えられてここまで続けられたことへの感謝を忘れずに、迫り来る就活も乗り越えたいと思っています。

                    また、経験豊富であり選手としての部員の気持ちを理解できる後輩たちを本当に羨ましく思っていたので、これからの活躍が楽しみです。今後は、マネージャーもより責任の問われる仕事を任せてもらえるようになると思うので、陰から応援していきたいと思います。

                     

                    最後に、から回ってばかり、至らぬ点ばかりの私を気持ちよく送り出してくれた同期の2人にも本当に感謝しています。春リーグでは、最高学年の43期はもちろんですが、最近ぐっと頼もしくなってきた44期、これから貪欲に戦ってくれるであろう45期のもっともっと成長した姿を見せてもらえたら嬉しいです。

                     

                     

                    これで終わりにします。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                    | 43期 | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    ファイナル部員ブログ(佐藤)
                    0

                      こんにちは

                      今秋までマネージャーをしておりました佐藤です。

                       

                      本来であれば秋リーグ最終戦まで見届けるはずでしたが、留学のため9月16日の学芸大戦をもちまして引退させていただきました。

                      私が早々に消えたせいでマネたちにはご不便をおかけしましたが、温かく見送ってくれて本当にありがとうございました。

                       

                       

                      個人的な話になってしまいますが、最後の部員ブログなのでソフト部でのことを振り返ってみます。

                      私は小学校から大学まで運動部に所属し、選手なりマネージャーなりやってきましたが、この東大ソフト部では最もやりがいを感じることができました。

                      最初はただ楽しく練習や試合を"見学"しているような感覚だったと思います。

                      次第にマネージャーの仕事を覚え、それらをこなしていればいいと考えていました。

                      しかし、2年の春に一部に昇格した時、選手はこれから一部でプレーするのだからマネの質も上げていかなきゃ!とチームの一員としての責任感を感じ始めました。これはマネがすること、これはしなくていいことと線引きをするのではなく、その場その場で何ができるかを考えるようになりました。それからは部活に”参加”して、1年生の頃とは違った楽しさを感じることができました。

                       

                      2年の秋からはマネ長を務めました。私はリーダーシップをとれる人間ではないので、マネ長としての無力さを感じながら練習に行くことが辛いと感じた時期もありました。しかし悩んだところで現状は変わらないのでとりあえず休まず部活に参加していました。そんな中で、うまく言葉にできませんが、自ずと見えてくるものがあって、気づけば前向きに取り組めるようになっていました。

                       

                      入部から引退まで、特に3年生になってからは本当にあっという間でした。

                      一マネージャーとしても、マネ長としても至らないところはたくさんあったし、もっと頑張れたなと思うところは正直ありますが、このチームで活動できてよかったです。選手、マネージャー含めお世話になった先輩、同期、後輩の皆さんには本当に感謝しています。

                       

                      来年の7月に帰国予定なので、同期の引退試合を見に行けない(かもしれない)のは心残りですが、また新たなチームを見られることを楽しみにしています。これからも応援しています。ありがとうございました。

                      | 43期 | 06:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP

                      The University of Tokyo Softball Club