東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
ファイナル部員ブログ (齋藤遥)
0

    こんにちは。44期の齋藤遥汰です。

    この度、東大ソフト部を引退したことをご報告させていただきます。3年間大変お世話になりました、ありがとうございました。ファイナルブログということで3年間を振り返ってみたいと思います。

     

    3年間を振り返ると公式戦で多くの悔しい思いをしてきたなと感じます。リーグ戦も一勝しかできなかったはずです。

    2年生の夏までは先輩方が一部やインカレで活躍されている様子をベンチから見ていることがほとんどでした。インカレでは、試合には出られなくとも日本一を決める舞台に参加できているということで胸が踊りました。インカレでプレーする先輩方を見て、今度は自分が1年後、2年後にプレーできれば凄いな!と思っていましたが、秋以降なかなか勝てませんでしたね笑

    フルで出場する初めてのリーグ戦、2年秋の学芸戦は3年間で最も印象に残っている試合の一つです。実質入れ替え戦という中でガチガチでプレーしてたくさんエラーしました。試合前半から負けたら戦犯だなぁと思いながらプレーしてました。結果的に勝つことがでたので良かったですが、もし負けていたら今ファイナルブログのネタにできていないですよね。残留できて本当に良かった。

    3年生春には多少試合に出るのに慣れたつもりでいましたが、思ったように活躍できず2部降格を経験しました。学芸戦は全く打てず、インカレ前の大切な時期に怪我をするなど個人的には不完全燃焼で、1年生の時からお世話になった43期の2人をいい形で送り出すことができなかったことが悔やまれます。

    そして44期体制で迎えた秋リーグ。優勝をチームの目標として挑んだはずが一勝もできずに3部降格という結果を突きつけられた時の悔しさ・恥ずかしさは忘れられません。なぜだかわからないのですが、初戦の明星戦の初回にチャンスで回ってきて初球をキャッチャーフライに打ち上げた打席が印象に残っています。あの場面で自分が打てていれば初戦、あるいはその後のリーグ戦の流れも違ったのかなと思うからでしょうか。自分を買いかぶりすぎかもしれませんが笑

    そして最後の春、新型コロナウイルス流行の影響で自分たちの集大成であった春リーグが中止となりました。チームとしての状態も上向きで絶対に結果を残せるはずだと思っていた中でのこの結果は残念でなりません。

     

    ここまで暗めの話を続けてきましたが、ソフト部での3年間は、自分の成長を実感できる満足のできる三年間だったと思っています。

    一年生の頃は満足に打球を処理することもできず、まともに打球を飛ばすこともできませんでした。多くの先輩方から時にはマンツーマンでご指導いただいたことで上達することができたと思っています。本当に感謝しかありません。守備では、一年生の時と三年生の時とで動画を見比べると見違えて動きが違いますし、バッティングでは夢の柵越えを3本打つことができました。

    自分が中学で軟式野球をやっていた時と比べると、ソフト部では自分の課題と向き合い、時には人の助けを借りながらも自分で考え練習していたように感じます。このように練習できていたからこそここまでの成長ができたのではないかと自分では思っています。(もちろん自分の努力が十分であったとは思ってはいませんが。)

     

    最後になりますが、OB・OGの方々、後輩たち、同期に感謝したいと思います。

    OB・OGの皆さまには様々な場面でソフト部の活動をご支援いただきました、ありがとうございました。後輩たちには頼りない姿を見せる場面が多かったとは思いますが、一緒にプレーしてくれてありがとう。同期のみんなとは部活中はもちろんプライベートでも色々と交流できてたくさんの思い出ができました、ありがとう。

    今後は自分もOBとして東大ソフト部を応援していきたいと思います。今までありがとうございました。

    | 44期 | 21:33 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
    ファイナル部員ブログ(閑念)
    0

      こんにちは。44期の閑念です。

      先日、春季リーグ戦の中止が決定し、元々4年春での引退を考えていたこともあり、このタイミングで部活を引退することにしました。3年間ありがとうございました。

       

      このチームで春リーグを戦うことができなかったのは本当に残念です。一緒に練習してきたメンバーと集大成となる試合をしたかった、また、結果を出すことで自分たちのやってきたことが間違っていなかったことを示したかった、という心残りがあります。

      ただ、最後こそ残念な終わり方になってしまいましたが、僕自身のソフト部での3年間は非常に充実したものでした。以下、この3年間を振り返るとともに、様々な方への感謝を述べさせていただきたいと思います。

       

      僕は初心者に近い状態で入部しましたが、1年の秋リーグから試合に出場させていただきました。当時の僕の守備はひどく、毎試合エラーをしていた記憶があります。その中で、辛抱強く僕を起用してくださった42期の先輩方には非常に感謝しています。

      大事な試合で凡退・エラーをする、という悔しい経験からくる自己成長への思いと、日々の練習での先輩方からのアドバイスのおかげで大きく成長できたと考えています。特に小野さん、大家さんには外野守備の基礎の基礎から丁寧に教えていただき感謝しています。

       

      上級生になってからは、外野手をまとめる役割をまかせてもらいました。自分自身のリーダーとしての未熟さを思い知る日々が続き、外野手のメンバーには迷惑をかけたかもしれません。その中で、僕を支え、ついてきてくれて本当にありがとう。

      奎、笹川、吉川といった外野手の後輩が目に見えて上達していくのを見るのは非常に楽しかったです。上達のサポートを少しでもできていたら嬉しく思います。

       

      ソフトボール部に入部してよかったと心から思っています。下級生の頃はプレーヤーとして、上級生の頃はリーダーとして自分自身が成長していくのを実感できました。また何より、素晴らしい方々と一緒に活動できたことは感謝してもしきれません。

      重ねてにはなりますが、OBOGの方々をはじめ、自分がソフト部でプレーする上でお世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

      最後に同期へ。このメンバーで活動できたおかげでソフト部、ならびに大学生活を精一杯楽しむことができました。本当にありがとう。

      | 44期 | 18:08 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
      ファイナル部員ブログ(楠本)
      0

        こんにちは、楠本です。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

         

        自宅生活も長引いておりますが、そろそろ美味しいご飯を食べにいきたいなぁとも思っております。

         

         

         

        遅くなってしまいましたが、春リーグの中止を受けて引退を決断いたしましたことをご報告させていただきます。

         

         

         

        まだ現役の同期がいる中で自分の2年半の振り返りを記すことは少し気が引けますが、最後なのでどうぞお付き合いください。

         

         

        自分は1年秋リーグ後の途中入部です。もともと5月までアイスホッケー部に所属していました。楽しくやっていたのですが、いろいろな意味で犠牲にするものが大きく、続けることを断念しました。その後もラクロスだったりフィールドホッケーをちょこっとかじったりしましたが、どれも続かずといった感じです。

         

        もともと野球とソフトの両方の経験があり、少し練習に参加してこれなら頑張れるなと思ったのが入部のきっかけです。(ただ初めて見に行った秋の入れ替え戦には衝撃を受けました)

         

         

        41,42,43期の先輩方のおかげで今思えばとても良い経験をさせてもらえたなと思っています。特に2年の春から夏にかけては、勝てる試合も多く、純粋に楽しかったです。

         

        逆に2年秋以降は自分たちがチームの中心となる中で、勝ちにつなげることがいかに難しいかということを知りました。自分が試合を作れずに負けることも多く、ずーっとピッチングのことを考えている時期もありました。

         

        自分はとにかく勝ちに対するこだわりが強く、何のためにソフトをしているのかと聞かれれば、試合で勝つためにやっていると答えると思います。だから、小3でソフトを始めた時から、ルールの範囲内であれば何でもやるし、相手の隙をついたり裏をかくことを常に意識していました。

         

        だけどピッチングだけはごまかしがきかない、もちろん、今までの姿勢を変えるつもりはないけれど、自分が上手くならなければ絶対勝てないなということは分かっていました。おそらくこれが2年秋以降の僕のソフトに対するモチベーションだったと思います。

         

        小中高と長くソフト、野球を続けていると新しいことを習得するというよりは自分の技術に磨きをかけていくことの方が多くなってきます。大学でソフトをやって、ピッチャーを初めて、時には教えてもらいながら自分で考えて練習する、これはソフトをやって良かったなと思うことの一つです。また、指導者がいない、むしろ経験の長い自分が教えていく立場になることもこれまでメニューを与えられてこなしてきたソフト・野球人生にはなかったことだし、中高時代よりも「考えてやる」部分が圧倒的に多く、自分の考えをプレーとどう結びつけていくかについて考えることも増えてきました。自分のプレー動作についてはほとんどが感覚的だったため、自分が教える立場になると難しいなと思う場面が多々ありました。こうして自分のプレーを見つめ直す機会ができたのもこの環境あってこそなのかなとも思います。

         

         

        自分たちの代になってからは、チームを作る、という経験をしました。荒川も言っていたけれど、チームを作るって本当に難しいことだと思います。伝統、というと少し大げさかもしれませんが、自分たちの代ですべきことを考えたときに、今後長く後輩たちに受け継いでいってもらえるような何か、の土台を築くことを目標に種々の活動を計画していきました。同期、後輩を含めてこれまでのソフト部とは違う何かを感じてくれたかなと思います。最初は上辺だけな感じがしていましたが、去年の秋以降は実を伴う活動になっていたかなと僕自身は感じていました。チームとして成果を出す試合が実現しなかったことは本当に残念ですが、44期の執行代の中でこれは良かったな、今後も取り入れていこう、というものが後輩たちの中に残ってくれていれば幸いです。

         

         

         

        振り返ってみるとこんな感じです。

        先の2人も書いてくれているけれど、練習や試合以外にもいろんな思い出があって、部活が終わった後の時間だったり、遠征先で美味しいご飯食べに行ったり、先輩たちと花火に行ったり、合宿でトランプしたり人狼したり、そういう時間も好きでした。もう無いのかと思うと少し寂しい感じもしますね。全部含めて楽しい時間を作ってくれた部活には本当に感謝しています。

         

         

         

         

        長くなってしまいましたが、いつも東大ソフト部を応援してくださっている皆様、直接お会いする機会もそう多くはありませんでしたが、OB・OGの皆様方のおかげで活動できましたこと、感謝申し上げます。ありがとうございました。目下、大変な状況かと思いますがこれからもお力添えをどうぞよろしくお願いいたします。

         

         

        後輩のみんなもいろんな場面で協力してくれてありがとう。これからも練習には顔出すし、良いチームになれるようなサポートはしていきたいと思っています。

         

         

        同期のみんなへ、

        みんなと一緒にソフトボールができて良かった。これに尽きます。ありがとう。

        ハゲても、おばちゃんになっても仲良く飲みに行きましょう。

         

         

         

         

        今までありがとうございました。

        | 44期 | 18:30 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
        ファイナル部員ブログ(布施)
        0

          お久しぶりです。44期の布施です。

          現在は絶賛引きこもり中ですが、元々アウトドアな人間でもなかったため割と楽しく過ごさせてもらってます。

          (コロナが落ち着いたらもう少しアウトドアな人間になりたいなとは思ってます笑)

          最近は、マーケティングと統計の勉強にハマっています。

          ここまでの3年間で得た学問的知識のうちで残っているものが情けないほどに少なかったので、残りの大学生活の期間である程度の専門性を得ていきたいと思います。

           

           

          既に他のブログでも記載されていますが、今春のリーグ戦が中止になりました。それを受け、僕自身もソフト部を引退することに決めました。

          ソフト部の活動を日頃より応援して下さった皆様、3年間ありがとうございました。

          ここで僕自身の3年間を振り返っていきたいと思いますので、お付き合い頂けると幸いです。

           

          大学1年時には、ポジションの関係で偶然にも秋リーグの入れ替え戦や関東大会に出場させて頂きました。正直に言いますと、レベルの高い先輩方と重みのある公式戦に臨むということで気が重たくガチガチな日々でした笑。ですが、当時怪我をされていた42期の栗原さんをはじめ多くの先輩方に温かい言葉をかけて頂き、同期にも支えられて自分の役割をある程度は果たすことが出来ました。今思うと、本当に貴重な経験であり、自分を試合で使って頂き助けて下さった先輩方には感謝の気持ちでいっぱいです。

           

          大学2年時の夏頃からは肩を痛めてしまい同期が皆試合に出ている中、練習にも十分に取り組めず、気持ち的にもだいぶ後ろ向きだったかなと思います。43期の先輩方の力になれず申し訳なかったです。

           

          大学3年時には、内野手の活動における責任者となり、チームとして強くなることの難しさを痛感するとともに、とてもやりがいがあり充実した期間でした。自分の知識や技術の無さが情けなくなる場面も多くありましたが、共に活動してくれた後輩の皆には感謝しています。

           

           

          ここまでの3年間、自分自身から見ても「もっと意識高く取り組めたんじゃないか」「ソフト部の活動を通じてもっと多くのものを得られたんじゃないか」と思う点は多々あります。

          おそらく、チームのことを常に考えていた大久保や荒川といった面々に比べて、僕自身が得ることの出来たものは少なかったのかなと思います。それは、役職などから生まれる差ではなく、自分自身の意識によるものであると感じます。ぜひ、45期、46期の選手・マネージャーの皆には役職などに関わらず、頭と体を思う存分使って、ソフト部の活動から多くのものを得て充実した期間にしていってもらいたいと思います。僕自身は、もうソフト部の選手としての活動にこの反省を活かすことは出来ませんが、今後の人生に活かしていきます。

          また、入部を検討されている新入生の皆さん。大学生活の時間の過ごし方は無数に存在しますが、どの組織に所属しても、自分次第で充実度や学びは変わってくると思います。ソフトボール自体に興味が少しでもあるなら、一度見学に来て頂きたいと思います。

           

          なんだか、振り返りを書いているととてもネガティブな感じになってしまいましたが(笑)、僕としてはソフト部の活動は楽しく充実したものでした。

          高校時代にスポーツをしていなかった自分にとって、チームで活動することや、スポーツを通じて仲間ができていくことは非常に楽しく嬉しいことでした。

          この3年間エラーも三振もたくさんしましたが、練習でだんだんと感覚を掴み、時には試合で良いプレーをすることも出来、そういった1つ1つのプレーや練習・試合も良い思い出です。

           

          最後になりますが、日頃より東大ソフト部の活動を応援して下さっている皆様、各種大会を運営して頂いた皆様、

          素人同然だった自分を可愛がって頂き、成長させて下さった先輩方、

          真面目で意識高く、それなのに独特で面白い後輩の皆、

          ありがとうございました。お世話になりました。

           

          練習後の時間や遠征での移動中、同期とくだらないことを話していたときには、永遠に続くように思えた時間が終わってしまうものはなかなか寂しいものです。

          素敵な思い出を与えてくれた同期の皆ありがとう。

          | 44期 | 17:17 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
          今までありがとうございました。(荒川)
          0

            新学期が始まってから気づけば既に2ヶ月が過ぎ、世間は以前と全く同じには戻れずとも、その流れを停めるわけにもいかず、皆それぞれにちょっとしたしこりを抱えながらも、それでも日常を必死に過ごしている、そんな六月でしょうか。

            いつもお世話になっております。44期元監督の荒川です。

             

            先日の新体制報告でお知りになった方もいらっしゃるかとは思いますが、残念ながら春リーグが中止となりまして、ここで部活を辞めることに決めました。日頃から応援してくださっていた皆さま、本当にありがとうございました。

             

            ここでブログを書くこともこれが最後になりますので、少し長くなるかと思いますが丁寧に、今の思いをぽつぽつ書きたいと思います。

             

            この三年間を振り返ってみると本当に色々なことがありました。

            入部してすぐに、一塁が空いていたこともあって出してもらえた試合で、新入生初ヒットを打てたり、その後も遠征先での初ホームラン、京大戦2試合で5三振、リーグ戦初試合でのホームラン、なんだかんだ伸び伸びとソフトがやれていた一年生時代。

            キャッチャー挑戦を本格的にスタートして、アザだらけになりながら三人の先輩の球を毎日ブルペンで受け、そんな投手陣を中心にして、先輩方のお力で出場権を得て初めて臨んだインカレの舞台はとても輝いて見えた二年生時代。秋リーグ戦でのみんなで掴んだ一部初勝利も忘れられません。

            そんな先輩方がごっそり抜け、43期のお二人と一緒になりながら、なんとかリーグ戦で一部に残れないかともがいた、二年の冬から三年の春リーグ戦。

            そして、大久保・龍と三人で知恵を出しあって、チームをもう一度作りあげようと必死に過ごした最後の一年間。

            結局秋リーグでは一勝もできず、それまで一緒に戦ってきた44期のマネージャーを勝利で引退させてやれなかったことは監督として一番悔いの残る、悲しい出来事でした。きっと本当は笑って引退したかったよね。

             

            正直に言えば、自分たちはどの代にも負けないくらい努力してきたはずなのに、それを結果で示せない、今年は弱いと思われる、これは何よりも悔しいことでした。

            だからこそ、冬が明けて最後のリーグ戦に向けて試合をしていくなかで得ていた、今年はいけるの手応えが、最後に確かめられなかったのは残念としか言えません。

             

            振り返ってみて真っ先に浮かんだのは、大学でチームを築いていくことの難しさです。一人一人育った環境も違って、異なる考えと価値観とを持つ大人が、あの駒場のグラウンドに集まって、何か一つのことをやろうとする、これは本当に難しいことでした。

            何らかの考えや気持ちを伝えようとして発した1つの言葉も、受け取り手である部員一人一人はもう立派な大人であって、彼ら彼女らの思いや価値観によって捉えられ方が異なってくる。そのことを認めた上で、それでもチームとしてある1つの方向性を見出だしていくことが、このチームが力を発揮するにはどうしても必要になる、これが、高校までとは違った、新しい難しさでした。

             

            その中でも、試行錯誤するなかでこれは大切なことだと思ったことが1つあります。

            相手のことをまずは認めること、何よりもまずこれが原点である。

            自分は相手のことを認めないけれど、相手には自分のことを認めさせる、というより、なぜ相手が自分を認めていないのか理解ができない。こういう立場の人が、もし一人でもいたとしたら、これはその集団は上手く回っていかないだろうなと、そう思いました。

             

            上のは極端な例ですが、もっと些細なことは、部活に限ることなく生活する上でもよくあることだと思います。

            後輩たちには、なんとなく関係性がうまくいかないときに、少しだけ振り返ってみてもらいたいと思います。もしかしたら何か見え方が変わってくるのかもしれません。

             

            ここまでつらつらと思いを書いてきましたが、そんな色々な経験を自分にさせてくれた部活のみなさんには感謝でいっぱいです。

            運がよかったのでしょう、本当にたくさんの素敵な人に出会えましたし、まわりの人たちに自分自身を成長させてもらいました。この出会いは自分にとって何よりも貴重なことでした。

             

            部活の帰り道に同期と他愛のないことをしゃべりながら歩いて帰った時間や、一緒に筋トレをしたり食事をしたりした時間、遠征先の宿舎での打ち上げ、そういう何気ない瞬間は素直に楽しかったです。

            そういう意味でも、この部活に最初に誘ってくれた大久保には感謝しています。

             

            この場所は自分にとってのひとつの居場所で、ここではみんなから必要とされているんだといつも心のどこかで思えるような、そんな部活であってほしいと後輩のみんなには思います。

            今までの枠にはとらわれず、自由な発想で、よりよいチームを作り上げていってください。期待しています。

             

            そしてそういった貴重な時間を現役選手が過ごせているのは、これまでチームのために協力を惜しまず支えてくださった、350名近くにもなる、OB・OGの皆さまのおかげでありまして、本当に感謝しております。

            年一回のOB・OG会や、ブログのコメント欄にて、色々な人から温かいお言葉をいただいたことには、チームが苦しい中で本当に勇気づけられていました。ありがとうございました。

            残念ながらみなさんの期待に沿うことはできずに、自分もOBとなってしまいましたが、これからもご指導いただければ幸いです。

            どうかよろしくお願いいたします。

             

            最後になりますが、自分がこれまでソフトをプレーする中で関わってくださった、先生方、先輩方、同期、後輩たち、他大学の選手たち、その全ての人に感謝しています。

             

            これを読んでくださっている新入生の方、もしいたとしたら、どうかこのチームを支えていく新しい力として、その力を貸してほしいです。かわいい自慢の後輩たちが、みんなのことを待ってくれていると思います。

             

            今はこんな状況ですから、みなさん体にはお気をつけて。

            今までありがとうございました。

            | 44期 | 22:43 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
            部員ブログ(齋藤遥汰)
            0

              こんにちは。今週の部員ブログを担当します44期の齋藤遥汰です。

              皆さまいかがお過ごしでしょうか。

               

              新型コロナウイルスの流行による自粛生活が始まりもう1ヶ月半くらい経ちましたね。外出しないうちに気づけば気温は30度近くまで上がり、室内でも半袖短パンで過ごすようになりました。春服ほぼ着てないよ!と思ってしまいます。先日久しぶりに洋服をZOZOTOWNで購入したので、夏にはたくさん色々なところに遊びに出られることを願います。

               

              さて、最近の僕の引きこもり生活について書いていこうと思います。

              部活が3月末より活動停止となり本当に暇だなと感じる日々です。自分の生活においてソフト部がどれほど大きな部分を占めていたのかということを痛感しています。引きこもり生活のハイライトは今更ながら鬼滅の刃にはまったことです。アマゾンプライムで2,3日でアニメを見て、続きの漫画をアマゾンや本屋からの取り寄せで集めました。アマゾンでも売り切れの巻が多く本当に人気なんですね笑

               

              部活動再開に向けては、自分は自宅でのトレーニングと食事管理だけはしっかりやろうと思っています。

              トレーニングに関しては器具もそろっておらずスペースが限られている中で一定の負荷をかけられるよう工夫しています。自重に加えてもう少しバリエーションが欲しいと感じたのでゴムチューブを購入しました。また、活動停止前に股関節を痛めたことを反省し、最近始めたばかりですが毎日風呂上がりにストレッチをするようになりました。

              食事に関しては、運動量が落ちた分脂肪でつきやすくなっていると感じているので若干食べる量を減らすようにしています。食トレを始める前には自分はいくら食べても太らない体質だと思っていたのに、、、

               

              本来であれば今の時期僕たちはインカレ出場をかけて最後の仕上げをしていた時期でしょうか(リーグ戦優勝前提ですが)。3月に対外試合が禁止されていた時でも4月からは元通り普通に試合もできるだろうくらいに思っていて、ここまで事態が深刻化するとは想像もしていませんでした。秋リーグが終わってからチームとしてのロードマップを作りそれに沿って準備してきた中で、その全てが崩れ去ってしまいました。もちろんコロナが完全に収束するまでは命を最優先するべきだということは理解していますが、春リーグ開催の見通しが立たない今の状況は非常に悔しく感じます。夏の高校総体をはじめ様々なスポーツイベントが中止となる厳しい状況にはあるとは思いますが、なんとか自分たちの集大成となるリーグ戦が開催されることを願います。

               

              今回のブログはこの辺りで締めとさせていただきます。ここまで読んでくださった方々、ありがとうございました。みなさま体調にはお気をつけください。

              | 44期 | 11:23 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
              部員ブログ(楠本)
              0

                こんにちは。お久しぶりです。

                皆様いかがお過ごしでしょうか。

                 

                今週のブログを担当します44期の楠本です。

                 

                気が付けば5月になっていましたが、”普通の日常”がいかに幸せなことか気づかされる毎日を過ごしています。幸いなことに、動画配信サービスやzoomなどのコミニュケーションツールのおかげで家にいながら退屈せず過ごせています。

                 

                 

                先日、そのzoomを使って高校の同級生とオンライン飲み会をしました。僕は浪人していたので、半数以上の同期は今年から働き始めているのですが、話を聞いてるとやはりいろいろ大変そうだなと。

                特に学校の先生とか医療系の仕事に就いた友達なんかは印象的でした。社会のために働いている友達がいる中で、ソフトしたいなとか、自粛生活終わらないかなとか、自分のことばっかり考えていたので反省しました。

                 

                就活も院試もないため講義を受ける生活が続いています。臨床系の授業も増えてきて重くはなってきましたが、時間が取れる分、きちんと内容を消化できるので個人的には助かっています。それでも時間があるので、ほぼ無縁だったプログラミングも少しばかり勉強しています。

                 

                あとは自炊でしょうか。もともと試験前以外は基本自炊だったので大きな変化はありませんが、そんなに買い物に行かずに済むように先をが見通して買い物するようになりました。レパートリーも多少は増えましたし、食材や料理の保存についても考えてやってます。

                 

                普段の生活はこんな感じです。

                 

                 

                 

                 

                 

                誰しもがそうだと思いますが、最後のリーグ戦を前にして、こういった事態になるとは3ヶ月前には全く想定していませんでした。去年の秋以降、考えて考えて部員みんなで取り組んできましたし、学年、選手、マネージャー関係なくそれぞれが自分の役割、求められていること、すべきことを明確な意志を持って実行してきました。

                 

                僕がいた3年間では1番充実した冬のシーズンを過ごせたと思っていますし、これは同期も同じように感じていると確信しています。

                 

                 

                だからこそなんとか最後は形にしたい、勝ちたい、という思いが強いです。これに尽きます。

                 

                 

                この先もどうなるか不安はありますが、試合ができると信じて、できる範囲で体を動かしていこうと思います。

                 

                 

                 

                 

                読んでいただきありがとうございました。

                みなさん体調に気をつけてお過ごしください。

                | 44期 | 12:07 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
                部員ブログ(久次米)
                0

                  こんにちは。今週のブログを担当します44期の久次米です。

                  現在、チームで集まって練習を行ってはいないので、普段の生活について描こうと思います。

                   

                   

                  4月から研究室に配属されて研究をする予定でしたが、コロナウイルスの影響で大学へ行くことができなくなったため、実験など特別な用意が必要なことはできず、先行研究を調べたり実験計画を立てたりしています。また、8月には院試もあるので院試勉強も並行して行っています。

                   

                  研究室のミーティングや授業もオンラインになったので、家から大学に移動する必要がなくなり、最近はミーティングや授業が始まる10分前くらいに起きるようになりました。外に出て運動することはできませんが、睡眠時間が長く取れるようになり、比較的快適に過ごしています。

                   

                  また、料理をする機会も増えました。毎朝、パンにチーズを乗せて焼いて食べていますが、最近は何にでもチーズをかけて食べるようになりました。料理に失敗してもチーズの美味しさが失敗をかき消してくれます。

                   

                   

                  私生活についてはこれくらいしか書くことがないので、最近のブログの流れに沿って新歓になるようなことを書こうと思います。

                  自分がこの部に入部を決めた理由を書くので、これを見た新入生は判断材料にしてもらえたらと思います。

                   

                  ソフトボール部の存在を知ったのは、立て看板を見た時です。その時は入部するモチベーションはそこまで高くありませんでした。

                  しかし、新歓練習に行った時に先輩方が話しやすい人ばかりで、部の雰囲気が自分に合っているなと感じたのを覚えています。他の部の新歓練習にも行きましたが、個人的な感想としてはソフトボール部に勝るところはないなと思いました。

                   

                  結局、先輩や同期に背中を押されて入ることになりましたが、今になって考えるとあの時の入部するという決断は間違っていなかったんだなあと感じます。そして良い同期や先輩に出会えたことにとても感謝しています。

                   

                  部の雰囲気は今でも変わっていないと思うので、これを読んだ新入生はぜひ一度新歓練習に来てみてください。

                   

                  最後まで読んでいただきありがとうございました。

                   

                  | 44期 | 18:12 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
                  部員ブログ(閑念)
                  0

                    こんばんは。今週のブログを担当します44期の閑念です。

                    ここ最近の素敵なブログに倣い、僕自身の近況、ソフト部の魅力についてお書きします。

                     

                     

                    新型コロナウイルスの影響で部活が活動休止となってから約1か月が経ちました。部活が無くなり、改めて自分が部活に費やしてきた時間の大きさを実感しています。

                    まとまった時間ができたこの機会を生かし、何か身につけたいなと思いつつ、その何かが見つからない今日この頃です。「コロナのあいだ何やってたの?」という質問に怯えなくていいように頑張りたいところです…。

                     

                    そんな中でも、部活が再開したときにしっかりと動けるよう、自重筋トレと体重管理だけは続けています。

                    消費カロリーが減ったので、今までのようにポテチばっかり食べていてはいけないと思い、荒川師匠のアドバイスのもと、食べるものには気をつけて何とか体重を維持しています。

                    部活が再開し、自由にポテチを食べられる日が来るのが待ち遠しいです。

                     

                    自粛開始当初と比べ、この生活にも慣れてきたのでストレスが溜まることは減りました。が、無性に人と会話したくなるときがあるので、もし僕からラインなど来たときはストレス溜まってんだな〜と思いつつ丁寧に対応してくれるとありがたいです。。。

                     

                     

                    さて、自分の近況はこれくらいにして、新入生に向けてソフト部の魅力についてお書きします。

                    これまでのブログとは少し異なる角度から魅力を伝えられればと思います。

                     

                    まずは時間帯から。ソフト部は週3回の午前練と週1回の午後練を行っています。そのため、午後の時間は比較的自由に使うことができます。大学では運動も真剣にやりたいけど、バイトや友達と遊ぶことなど、その他のことも楽しみたいという人には向いている部活です。

                     

                    次に部員数について。ソフト部は部員が少ないため、試合に出やすい部活です。真剣に練習する以上、試合に出て活躍したいと思うのは当然だと思いますし、逆に試合に出ることが練習のモチベーション向上につながります。

                     

                    上記2つの魅力は僕自身が新入生の頃、ソフト部に入部を決めた大きな要因でもあります。新入生の皆さんの部活・サークル選びの参考になれば幸いです。

                     

                     

                    最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

                    新型コロナウイルスの収束の見通しが立たず不安な日々が続きますが、各々ができることをやっていきましょう。

                    | 44期 | 22:23 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
                    部員ブログ(大久保)
                    0

                      こんにちは。44期の大久保です。

                       

                       新型コロナウイルス感染症の感染拡大が進むなか、どのように過ごすかを日々考えつつ、することも限られているというのが現状ですね。

                       

                       チームとしては2月以降、目指してきた活動の形の実現にほんの少し近づきつつ、これまでの活動の成果が数値や実戦での結果としてある程度実感できていた状況で、さらに実戦と練習のサイクルを回し、4月、5月の集大成を迎えようという段階まで来ていました。そのなかで公式戦の機会を予定通りに得ることができないというのは非常に歯痒い思いです。

                       明確に今後の見通しが立たない中で準備をしていかなければならないのが現状であり、モチベーションや計画の立て方の面で各部員が難しさを感じているのではないかと思います。

                       部として動くことが困難な状況ですので、生活の中でソフトボールの優先順位は自然と下がっていく(というより自主練習も限られる中で下げざるを得ない)と思います。新学期を迎えるにあたり、まず部員みんなには「部活動がない生活」のなかで時間を有意義に使い、生活を充実させていってほしいと思います。このような状況でも、1日1日が貴重な学生生活の1ページであることに変わりはありません。そのなかに活動再開に向けての準備をバランスよく組み込んでいくことができればいいなと思います。

                       

                       本日の18時ごろからはZOOMでのオンライン新歓を実施します。新歓は下級生に任せきりですが、奎を中心に冷静に進めてくれているので特に問題もないでしょう。

                       部員ブログでも随時新入生向けのメッセージを発信してくれているので、新入生には是非過去の部員ブログを読んでいただけたらと思います。先週の砂絵ちゃんのブログにあるソフト部の魅力は、マネージャーだけでなく選手の活動にも通じていく部分だと思います。めっちゃいい文章だったよね。その前の荒川のブログとかも。どうやったらああいう文章書けるのかな。

                       新入生にとっては共に活動していくのは、私たち新4年生の44期ではなく(若干一名秋まで残るつもりの人間もいるみたいですが)、新2、3年生の45期、46期の部員です。日々の部活動での苦労、喜び、創意工夫等々、あらゆる実感を綴ったブログには、各部員の色がすごくよく表れていると思うし、人としての魅力が溢れていると思います。

                       

                       うちのように少人数の部の場合は、入部時点で部活動に対して大志を抱いている必要は必ずしもないと思います。実際にうちの部員の大半はそうではなかったと思うし、自分もそうではありませんでした。「ソフト面白そうだな」「先輩たち優しそうだな」っと思って入部しました。本当です。

                       それでも、周囲に助けられて、自分の成長を実感する過程で、この部で何かを成し遂げたいなと思うようになっていくのだと思います。それも含めて成長ですね。

                       新歓の機会も限られていますが、競技の魅力、スケジュール、雰囲気、ブログを読んでて共感できた、なんでもいいので興味をもつポイントがある新入生は是非ソフト部にいらっしゃってください。

                       楽しく、やりがいのある大学生活を送ることができると思います。

                       

                       家にいる時間が長いと、「もうすぐ23歳になるのに自分こんなんで大丈夫かな?」とかどうしようもないことばかり考えてしまいます。早くみんなとソフトボールがしたいです。

                      | 44期 | 16:08 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP

                      The University of Tokyo Softball Club