東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
自己紹介ブログ(吉田)
0

    はじめまして!44期自己紹介ブログ最後のバトンを受け取りました、吉田です!!大トリということでとても緊張しておりますが、ハイテンションでいこうと思います!!!まずは簡単にプロフィールを。

     

    名前:吉田 理華子 (よしだ りかこ)
    生年月日:1998年7月20日
    所属:東京女子大学現代教養学部
    出身地:群馬県
    出身校:群馬県立前橋女子高校
    スポーツ歴:ソフトボールを中高6年間
    ポジション:マネージャー

     

    群馬出身です!上毛かるた(群馬のご当地かるた)全部言えます!!授業の挨拶は「起立"注目"礼」です!!!よく「どこに注目するの〜?」と聞かれますが、もちろん先生です!!!!今までの流れに合わせての地元紹介、テンションで乗り切ろうと思いましたが、無理ですね笑。大学生になり、地元を紹介する機会がそれなりにありますが、私はまだグンマを知らないのだな〜と実感しております笑。「群馬って何があるの?」と聞かれた時はだいたい「温泉!」と答えています。伊香保、草津、四万、水上…ざっと思いつけたのはこの程度ですが、ちょっと調べてみたら10程度あるみたいです。温泉大国群馬!温泉巡りなどいかがですか??他にも2014年に世界遺産に登録された富岡製糸場がありますね。私は行ったことがありません。一度は行ってみたいです!他にもいろいろありそうですが、地元の話はここまでにして、次は入部動機について書きます。大学に進学が決まり、サークルなどを考えている時に、高校の先輩である小野麻優季さんが、この部活のマネージャーをされているというのを耳にしました。あ!この場を借りて謝らせてください。部内で自己紹介をする際にやたらと麻優季さんの名前を出してしまいすみませんでした。でも、そのおかげで先輩方に私の存在を早くに認識していただけたと思っているので、とても感謝しております。麻優季さんの後輩と名乗ってしまうことによってご迷惑をおかけしないよう精進いたします!話を戻します。私は膝を痛めていて、大学では運動は無理!できない!しない!と思っていましたが、ずっと運動部だったので、運動系のサークルが良いな〜と、ソフトボールしかやってこなかったので、ルールがわかる野球系のサークルのマネージャーとか良いかな〜と、漠然と考えていました。だから、麻優季さんが所属していらっしゃったこの部活の練習にとりあえず行ってみよう!とtwitter&ホームページを見て、紬さんに連絡をしました。初めて練習に参加した際に、先輩方がみんな優しくとても素敵な雰囲気だったのと、トスを上げたりプレーを見たりと久々のソフトボールがとても楽しかったので、入部を決めました。中学の時に消去法でソフトボール部に入り、高校でもなんとな〜く続けてしまった、あまり好きじゃないと思ってたソフトボールも、実はやっぱり好きだったんですね〜。自分でもビックリです笑。私が高校でソフトボールを続けることに驚いていた中学のチームメイトは、大学でもソフトボールに関わっていると聞いたら、明日は雪が降ると大騒ぎすることでしょう笑。でも、今は、ソフトボールが本当に大好きです!練習や試合を見ているのがとても楽しいです!!だから、少しでも役に立てるように、プレイヤーのみなさんに使えるマネージャーだと思ってもらえるように、頑張ります!!!

     

    以上で私の、というか44期全員の自己紹介が終わりです!最後までお読みいただきありがとうございました!!大トリなのにとても拙い文章で本当に申し訳ありません!!!私が最後でちゃんと締まってるか不安です…笑。

     

    素敵な先輩方のもと、44期10人みんなで仲良く、楽しく、真剣に、部活を盛り上げていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!!!!!!!!!!

    | 44期 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    自己紹介ブログ(田邉)
    0

      こんにちは。いつも頼りになる うるまり こと潤間さんから身にあまるご紹介を頂きました、マネージャーの田邉です。みんなのホノルルラッシュから更新が遅れてしまい、すみません。プレイヤーのチームワーク、さすがです。それでは早速簡単な自己紹介からさせて頂きます。

       

      名前:田邉 七海(たなべ ななみ)

       

      生年月日:1998年5月10日(なんと運命的にも久次米くんと同じでした)

       

      出身地:神奈川県 茅ヶ崎市

       

      出身高校:神奈川県立平塚江南高校

       

      所属:日本女子大学 人間社会学部 教育学科

       

      スポーツ歴:中高 ソフトボール部

       

      ポジション:マネージャー

       

       

      私も流れに乗って地元の紹介からしていきます。

      私が生まれ育ったのは神奈川県の中南部に位置する茅ヶ崎市というところです。ここはちょうど湘南と呼ばれる地域に属していて、オシャレなイメージを持ってくれる方が多いようです。

      茅ヶ崎といえばサザンオールスターズの桑田佳祐さんの生まれ故郷として知られています。JR茅ヶ崎駅の発車のメロディーもサザンの「希望の轍」となっていて、毎朝サザンを聴きながら登校しています。また茅ヶ崎といえばやはり海が有名で、毎年夏になるとサーフボードを片手に海へ向かうサーファーや海水浴に来る観光客を多く見かけます。また、夏は特にTシャツに短パン、ビーサンといったラフな格好で歩いている人がほとんどなので(上裸の人も多いです)とてものんびりしていて住みやすい良い街です。食べ物では しらす が有名です。海沿いには茅ヶ崎沖でとれたばかりの新鮮な魚を食べさせてくれる漁師さん直営の料理店がたくさんあります。私は特に生しらすが好きで、母の知り合いの網元のお店でよく買って食べています。

      と、言うように茅ヶ崎で誇れるものはサザンと海でしょうか。湘南地域には他にも江ノ島や鎌倉といった観光スポットも多くあります。ちなみに小学校2年生の遠足は新江ノ島水族館、5年生では茅ヶ崎から江ノ島まで班ごとに歩いていく「江ノ島探検」、6年生では茅ヶ崎駅から判別行動の遠足「鎌倉探検」を体験しました。

       

       

      次に私のソフトボール部時代について書かせて頂きます。中高でソフトボール部でピッチャーを務めていた私は今までソフトボール一色と言っていいほど部活に命を捧げてきました。中学の時は顧問の先生が熱心にご指導して下さる方で、練習もきついものばかりでした。ピッチングではコーチがつきっきりで指導をして下さり、毎日何時間も投げ込みをしました。その結果ピッチング技術は格段に成長し、体力的にも精神的にも強くなりました。しかし最後の夏の大会2週間前に股関節を故障していまい、投げられないかもしれないという窮地に立たされた私はコーチとともに絶望していました。しかしそこで顧問の先生に「神の手」と呼ばれるプロ野球選手も通院している先生を紹介してもらいました。そして一回の治療だけで嘘のように痛みが消え、最後の大会で無事投げることができました。本当に神の手には驚かされました。その時支えてくれた先生や親やチームメイトには感謝しかないです、本当に。その後、実は中学の顧問の先生が全国大会常連校への進学を薦めて下さったのですが、大会前の怪我の経験がトラウマとなり断念しました。それでもやはりソフトボール部のある高校に進学し、高校でも続けることができました。高校では毎朝5時に起きて朝練に行き、バットを振り込み、放課後は暗くなるまで練習をしました。毎日が充実していて、ソフトボールを全力でやっていた日々が今では良い思い出であり、私の財産です。振り返ってみると、朝早く起きてお弁当を作ってくれていた親や、指導してくださった先生やコーチの方などとても恵まれた環境でソフトボールに打ち込めたこと、感謝しかありません。

       

      大学でもソフトボールを続けたかったのですが、新歓期に自分自身プレーができる場所を見つけることができずにいたところ、東大ソフトボール部のビラをもらい、一目で入部を決めました。今まで私自身支えてもらった分、これからはマネージャーとしてプレイヤーを支えていき、経験を活かせればいいなと思います!また、色々な面で自分より何百倍も努力をされている尊敬できる東大生と一緒に時間を共に過ごすことができて今はとても嬉しく思っています。

      1年生のピッチャーのみなさん、ピッチングならいつでも教えるのでなんでも聞いて下さいね!笑

       

       

      以上で自己紹介を終わらせて頂きます。結局ソフトボールの話ばかりになってしまいましたが…最後まで読んで下さりありがとうございます。

      遂に次回で自己紹介ブログ最終回です。最後にバトンを受け取るのは、常時ハイテンションで話し出すと止まらないとっても面白い理華子です!それではトリをお願いします…‼

      | 44期 | 02:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      自己紹介ブログ(潤間)
      0

        こんばんは。布施くんからご紹介頂きました、44期マネージャー編トップバッターの潤間です。ハワイのホノルルも8月になってしまいましたが、団結力をみせたプレイヤー陣のこの勢いにマネージャーも乗りたいと思います!まずは簡単な自己紹介をさせて頂きます。

         

         

        名前:潤間 茉莉子(うるま まりこ)

        生年月日:1998年8月21日

        出身地:茨城県水戸市(転勤族ですがほとんど茨城です)

        出身高校:茨城県立水戸第二高校

        所属:日本女子大学 人間社会学部 現代社会学科

        スポーツ歴:水泳,スケート(小学)陸上競技(中学)ソフトボール(高校)

        ポジション:マネージャー

         

         

        まず私も流れに乗ってまず地元紹介します。一応これまで福島と仙台に住んだことがありますが、転勤族って言ってもほぼ小学2年生からずっと住んでいるんで、茨城県水戸市についてです。有名なのは水戸納豆と水戸黄門ですかね。納豆については多分水戸の小学校は殆ど水戸納豆の工場見学に行きます。でも藁納豆を食べることはないです。工場では納豆嫌いの友達が大変そうだったのをよく覚えています。水戸黄門はよくわかりません、すいません。あと茨城県は朝ドラの「ひよっこ」の舞台ですが、私は茨城弁喋れません。この前同期に「喋って」って言われたんですが、出来ません。母が東京出身の為、私は標準語喋ってると思ってます。そもそも水戸市はそこまで訛り強くないとこです。期待にそえなくてすいません。聞きたかったら、県北の友達紹介します。長くなっちゃうので、ここで地元紹介は切り上げます。

         

        次にソフトボール部に入部した理由についてです。簡潔に言えば、直感です。大学の部活勧誘の時、ソフトのユニフォーム着てる栗原さんを見つけて 「ソフトだっ!」とビビっときて自分からチラシ貰いに行きました。そのあと説明聞いて、殆ど入部決めてました。高校で初心者ながらソフトを始めた私は青春を捧げた日々が忘れられず、どうにか関わっていたい気持ちが強かったです。今は毎回練習見ているとやりたい願望が出てきますが、プレイヤーからの鋭い返球を受けながら楽しんでます。記録員の講習会も行ってスコアの練習できましたし、これからサポート頑張りたいと思います!宜しくお願いします!

         

        最近のエピソードは3年半使ってたスマホが壊れ機種変更した時にパスワード忘れてアカウントの移行で苦労したことですかね。LINEが消えかけた時は本当に焦りました。新端末は画素が格段に上がったので写真の練習中です。今川さん、いつも被写体になってくれてありがとうございます!ポーズについては私も考えておきますね。またこれまで人に任せていたので自撮りも下手です。徐々にスキルアップしたいと思います。

         

        プレイヤー陣の素晴らしい自己紹介の後にこれで大丈夫か不安ですが、以上で終わらせて頂きます。

        次は可愛い、ソフト上手(しかもピッチャー)、コミュ力高い、とポテンシャルの高い七海です!ちょっと怪しいですが、この44期の流れに乗ってくれると信じています。ではお願いします。

         

         

        | 44期 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        自己紹介ブログ (布施)
        0

           こんにちは、自己紹介プレイヤー編のトリを務めることになりました1年の布施です。大久保君が3週間もブログを滞納するという大失態を犯しましたが、他のプレイヤーがカバーし合って今日という日を迎えることができました。ちなみにハワイのホノルルでは、現在7月31日午後10時。なんとか目標の7月中にプレイヤーだけでも書き終えることができ、1人のミスを取り返す44期のチームワークの良さを発揮できたと思います。ソフトボールに活かしていきたいですね。長くなりましたが、まずはプロフィールを。

           

          名前:布施 知樹 (ふせ ともき)

          生年月日:1997年9月30日

          出身地:静岡県御殿場市

          出身高校:静岡県立沼津東高校

          所属:理科二類

          スポーツ歴:小中・軟式野球

          ポジション:二塁手・遊撃手

           

           

           流れを引き継ぎ、僕の出身地静岡県御殿場市について話していこうと思ったのですが、先輩方は昨年の夏合宿で訪れていらっしゃるそうであまり僕から得るものもないかと思われます。僕の実家が青少年交流の家に世界有数の近さを誇っていること、青少年交流の家から最寄りのコンビニまでの距離が意外と遠いこと、電車を一本逃した時の待ち時間が長いことの3点を抑えていただければ、御殿場市に関して僕がとやかく言うことはないでしょう。青少年交流の家は、御殿場市内の小・中学生が宿泊体験に訪れ、野外炊飯でカレーを作り、終始先生方のいうことを聞かず叱られるスポットです。(場の雰囲気が悪くなるたびに場を盛り上げていただいた職員の方々には、感謝の念でいっぱいです。)そのため僕自身も青年の家にはカレー&お叱りのイメージしかありません。僕も今回の合宿で新たな魅力をみなさんと見つけていきたいと思います。

           

           次に、入部動機についてお話しします。高校の時スポーツをしていなかった僕としては、大学でもう一度真剣にスポーツに取り組みたいと思っていました。そして、僕がサークルではなく部活を選択したのは、高い緊張感で練習、試合に取り組めることです。やはりスポーツを行う以上、ミスが許されてしまうような環境は嫌でした。一球一球集中して取り組み、日々己のレベルアップに努めたいものです。また、ソフトボール部を選んだのは新歓期に閑念や大久保と仲良くなったのも大きく、また部の雰囲気が非常によかったからです。入部した現在も、僕のプレーに対してたくさんのアドバイスを送って頂ける先輩方、そして情熱あふれる同期に囲まれて楽しく充実した日々を送っています。

           

           最後に、ソフトボールに関してですが僕はとにかく守備練習が好きです。正直に言うと、フリーバッティングの練習では打っている時よりも、守っている時間が好きです。全体練習では、ノックを前半に行うことが多いのですが、今述べたようにフリーバッティングの守備というボーナスタイムがあるため、練習で集中力ややる気が途切れることはありません。あと、僕はボールに飛びつくのが好きなのですが、今までと違い自分で洗濯をするようになってからは、飛びついた後の洗濯の大変さを知ってしまい、飛びつく回数が大幅に減ってしまっていました。しかし、やはり何よりも守備でチームに貢献したい僕としてはそれを許しません。これからは、チーム1飛びつくことをここに誓います。そしてゆくゆくは、使ったユニフォームを全てクリーニング屋さんに任せられるぐらいの財力をつけたいと思います。

           

           なんやかんやしているうちに、ホノルルも8月になってしまいそうです。ホノルルより時差の大きい地域を見つけることができなかったため、ここで自己紹介を終わらせます。そして、1つの終わりは1つの始まりでもあります。次回からは新章マネさん編が始動します。マネさんにまわす時点で8月になってしまっていることを、大久保くんに代わってお詫び申し上げます。マネさん編のトップバッターは、44期ラインを常に盛り上げてくれるうるまりさんこと潤間さんです。どうぞ、お楽しみに。

          | 44期 | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          自己紹介ブログ(林)
          0

             どうもこんにちは。マネージャーさんから下の名前で呼ばれ可愛がられているうちにブログを更新します林実朝です。先ほど携帯でブログを書こうとして完成間近でデータを飛ばしてしまったので今度はパソコンで書いている林実朝です。まず簡単なプロフィール紹介からさせていただきます。

             

            名前:林実朝(はやしさねとも)

             

            生年月日:1998年8月26日(マザーテレサと同じ)

             

            出身地:兵庫県神戸市

             

            出身高校:白陵高校

             

            所属:理科I類

             

            スポーツ歴:軟式野球(中学)、卓球(高校)

             

            ポジション:外野手

             

             

             地元の紹介が流行っているみたいなので僕も次は地元である大都会神戸について書きたいと思います。神戸といえばみなさんご存知の通り港町として有名なので東京に負けず劣らず外国人観光客が多く、異人館や南京町という中華街もありとても異国情緒溢れる街です。南京町には中華料理だけでなくトルコアイスをなかなか渡してくれないトルコ人や、フランス原産のオランジーナを販売する自販機もあるので日本に飽きた、海外の雰囲気を味わいたいという方は是非お越しください。また、神戸はスイスのECAインターナショナルが発表した『世界で最も住みやすい都市ランキング』世界第5位と、日本で唯一トップ10入りしており、久次米くんが本州に来るために必要な明石海峡大橋や神戸空港もあり交通の便も良い最高の町です。以上のことから僕は部内最高の出身地を持つといっても過言ではないと思います。

             

             次に入部動機について書きたいと思います。これについては他の同期と同じで部の雰囲気に惹かれたというのが一番です。もともとチームプレイできる運動をしたいと思っていたということもありサーオリ後即決断しました。しかし高校時代から朝が苦手で、朝練の日はいつも苦しんでいるのでいつも以上にテンションが低いかもしれませんがそこはご容赦ください。

             

             少し短いかもしれませんが以上で僕の自己紹介ブログを終わります。次は来年のミスター東大候補の布施くんです。今日だけで三人が新入生ブログを仕上げているので布施くんもすぐあげてくれることでしょう。

            | 44期 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            自己紹介ブログ(斎藤)
            0

              こんにちは。久次米くんから「最近散髪した齋藤」と紹介されました44期の齋藤遥汰です。あまり滞納すると髪を切ったのが「最近」ではなくなってしまうので速攻更新したいと思います。それでは簡単なプロフィール紹介から。

               

              名前 : 齋藤遥汰

              生年月日 : 1998年11月29日

              出身地 : 新潟県長岡市

              出身高校 : 新潟県立長岡高等学校

              所属 : 文科二類

              スポーツ歴 : 軟式野球(小4〜中3)、登山(高校)

              ポジション : 三塁手

               

               最初に地元と母校自慢をさせてもらいます。まずは地元新潟県立長岡市について。東京に来てから何度「新潟なんか米と雪しかないだろぉー?」と言われたことか…まぁあまり言い返す気はありません。自然が程よくあって、それでもそこまで田舎じゃないのがいい感じの場所であるとは思いますがね。僕が育った長岡市は新潟第二の都市と呼ばれていて、市町村合併をくり返しなかなかの大きさを誇ります。最大の魅力は何と言っても日本三大花火の一つに数えられる長岡花火。本当に綺麗です。今年は部活が忙しいため見に行くことを断念しましたが、みなさんも機会があればぜひ見に行ってください。ちなみに僕は実家が長岡駅から徒歩10分の長岡の中心に位置していたことから、長岡のヒエラルキーのトップに君臨し、あとから長岡に合併された地域に住んでいる友人をバカにすることも多々ありました。それが今となってはクラスで新潟出身であることでバカにされ、現在でも東京ではなく通学時間100分の埼玉の祖父母の家に住んでいることもバカにされるような生活を送っています。なんだか辛いものですね…高校時代の自分の行動を多少反省しております。

               

               次に母校長岡高校について。僕が長岡高校に進学しようとした理由はそれなりに偏差値が高くてなによりも家から超近かったことです。毎朝ホームルームの13分前に家を出てチャリを飛ばしてホームルーム開始3分前に滑り込む生活を続けていました。そんな学校までチャリ10分という恵まれた立地のマンションに住んでいた僕ですが、今となっては駒場までチャリ+電車で100分の埼玉県春日部市に住んでいます。朝練があるときは4時半に起きて始発で駒場に来ています。まさか通学時間が10倍になるとは…44期遅刻第一号にならないように頑張ります。少し話が逸れましたが我が母校長岡高校は創立145年を誇ります。学制公布以降だと日本最古の高校だそうで、東京大学よりも古いです。また真珠湾奇襲を指揮した山本五十六連合艦隊司令長官の母校でもあります。はい、超名門ですね。超名門を卒業できたことを誇りに思って生きていきたいと思います。

               

               ここまで「高校時代はこうだったのに今では…」という話を挟みながら色々と自慢をして来ましたが、ソフト部に入部した経緯をお話ししたいと思います。第一印象としては、「楽しそうではあるけど、朝7時からの練習は普通に無理」という感じでした。しかし新歓練習に行ってみてソフト部の雰囲気に惹かれ、ちょっと頑張ってみようかなと思うようになりました。最後まで部活に入るのか、サークルでゆるくやっていくのかで悩みましたが、最終的には大学生活の中で何か一つでも打ち込むことができるものが欲しい、と思い入部を決意しました。(約半数が運動会に所属するというクラスの雰囲気に多少影響を受けたというのもあります。)入部してから約2ヶ月が経ちましたが、ここまでなんとかやってこれているのかなという感じです。練習が朝なので日中眠くなって勉強が手につかないこともありますが、同じ文二の閑念くんのように0不可を取ることもなくここまで部活と勉強の両立ができているとは思います。プレーの面では守備でもバッテイングでも上手くいかないことが多く、先輩方や同期の大久保先生からご指導をいただきながらの試行錯誤の毎日です。少しでも早くチームの戦力になれるよう努力を続けたいと思います。

               

               このまま終わると構成が久次米くんとほぼ同じになってしまうので、少しくだらないですが最近の悩みについて書きたいと思います。最近の悩みというのは虫です。東京に来てからやたら蚊に刺されるようになりました。東京の蚊の毒に耐性がないのか赤く腫れ痛みが出たり、毒が血管を伝って回ることがよくあります(もしかしたら蚊ではない可能性もありますね)。駒場のグラウンドにも蚊がたくさんいて本当に困っています。ソックスの上からも刺してくるんでね。あとは家でよく遭遇するGに悩まされています。新潟の実家では一度も見たことがなかったのですが、祖父母の家ですでに5回は遭遇しています。ついさっきも洗面台についているのを発見し発狂しましたが、スプレーと掃除機を駆使して無事に退治してやりました。本当にどうにかならないものか…

               

                以上で僕の自己紹介を終わります。ここまで読んでくださった方々、ありがとうございました。次はマネージャーさんから下の名前で呼ばれかわいがられている林実朝くんです。それではお願いします。

              | 44期 | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              自己紹介ブログ(久次米)
              0

                みなさんこんにちは、1年の久次米です。ようやくテストも終わり、待ちに待った夏休みがやってきてハイテンションになっているので気分に任せて自己紹介をさせていただきます。

                 

                 

                名前:久次米 康太(くじめ こうた)

                生年月日:1998年5月10日

                出身地:徳島県

                出身高校:徳島市立高校

                所属:理科I類

                スポーツ歴:小・野球、中高・ソフトボール

                ポジション:外野手

                 

                 

                今まで平凡な人生を歩んできて現在もクラスは全員男子という状況で何の音沙汰もないので、いざとなれば取り立てて書くことが見当たりません。そういうわけで、なんとか文章になりそうな入部動機と僕が愛してやまない徳島県について書かせていただきます。

                 

                 

                まず、入部動機から書かせていただきます。中・高と6年間ソフトボールをして僕のソフトボール魂はほとんど燃え尽きてしまっていたので、大学では熱心に部活をしようというわけではなく、サークルで体を動かす程度にスポーツをしようと思っていました。しかしながら、諸手続きの日のテント列でもう一度ソフトボールをするきっかけとなる出来事が起こりました。テント列に入ってすぐ、いろいろな部やサークルから強い勧誘を受けて僕は疲れきっていました。そのような状況の中、「ソフトボールしたいんで。」という勧誘をくぐり抜けることができる魔法の言葉を多用していたところ、気がつけばソフトボール部のテントの中にいました(誰かに連れて行かれました)。そこで新歓練習に誘われて行ってみると久々のソフトボールは楽しく、部の雰囲気もよく、このソフトボール部が僕の居場所だと確信しました。勉強と両立できるのかという不安はありましたが、先輩方や同期(特に林)の勧誘により入部することを決意しました。今は、もっと上手くなりたい、勝ちたいというソフトボール魂が再燃し、毎日が充実しています。あの時誘ってくださった方々には本当に感謝しています。

                 

                 

                感動のエピソードはこれぐらいにして徳島県の話に移ろうと思います。まず、特産品ですが、すだちが有名です。ミニトマトぐらいの大きさのレモンのような味のものです。個人的にはそんなに好きではなく、ほとんど食べたことがないので味がレモンに似ているかどうかは定かではありません。間違っていたらすいません。食べ物で言えば、徳島ラーメンも有名です。甘めで濃いスープが特徴ですが、個人的には東京にきて食べた一蘭のようなとんこつラーメンの方が好きです。徳島県の皆さん、裏切ってすいません。あとは、阿波踊りが有名です。阿波踊りの時期には徳島駅前は地元民や観光客であふれかえり、渋谷と区別がつかないほどです。直前の文の「阿波踊り」は踊りそれ自体のことを指しているのではなく、たくさんの人が阿波踊りを踊るお祭りのことを指しています。徳島県民はこの二つの意味を使い分けるので注意してください。ちなみに僕は阿波踊りを全く踊れません。というのも、僕が小学生の頃、5・6年生は運動会で阿波踊りを踊ることになっていたのですが、僕が5年生になった年に阿波踊りではなくなぜかソーラン節を踊ることになり、阿波踊り未修・ソーラン節既修という徳島県民としてあるまじき状態になってしまいました。というわけで、徳島県民という肩書きを持ちながらも、阿波踊りはみじんも踊れません。全国の皆さん、期待を裏切ってすいません。

                 

                 

                徳島県の紹介はこれぐらいにして自己紹介を終わらせていただきます。意外にも文章が長くなってしまいました。拙い文章でしたが、最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。次は最近散髪をした斎藤くんです。期待してます。

                 

                 

                | 44期 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                自己紹介ブログ(閑念)
                0

                  初めまして、1年の閑念です。3週間もブログを更新しないという体たらくぶりを発揮した大久保くんとは異なり、わずか1週間の速さでブログを更新します。Sセメの定期試験も終わりこれから夏休みではありますが、2コマ0不可を取ってしまったことの深刻さに気付いてしまい、若干焦りぎみのなか自己紹介をさせて頂きます。では早速プロフィールを。

                   

                  名前:閑念 英太(かんねん えいた)

                  生年月日:1998年11月28日

                  出身地:東京都

                  出身高校:東京都私立本郷高校

                  所属:文科二類

                  スポーツ歴:サッカー5年(小1〜小5)、軟式野球(中学)

                  ポジション:外野手

                   

                  44期プレーヤーのなかで東京出身は僕1人なんですよね。他の県の面白い話が聞けて楽しいですが、なんだか寂しい気もします。地方出身ならここで出身地のエピソードを書いてもいいのですが、僕が書いてもつまらないので大学での4ヵ月について少し書きたいと思います。

                   

                  まず生活について。中高男子校出身の僕は中2の頃から共学にあこがれており、大学生になってようやくその夢が叶ったと思っていました。実際理系ドイツ語という地獄のようなクラスと違い、同じクラスにある程度女子はいましたが、ほとんど話す機会がありません。まさか男子校7年目に突入するとは・・・という感じです。入学当初にあった(男子校特有の)謎の熱意は消え去り、悟りの境地に達しつつあります。

                   

                  続いて成績について。TLPクラスだったこともあり、「こいつできるな」と思われていた時期も束の間、次第に「こいつダメだわ」という評価に変わってきて、実際に上記のような結果に終わってしまいました。最近の愛読書は『履修の手引き』になっています。しかし、このままでは終わらないようにします。Aセメで高得点をとって余裕で経済学部に進んでみせます。期待しといてください(特に坂本さん)。

                   

                  最後にソフト部について。入部動機は特になく、なんとなくという感じでしたが、今はソフト部に入って本当に良かったと思っています。素晴らしい同期、先輩の存在に感謝して活動していきたいです。1番の目標は大久保くんと同じでチームが勝つことです。この目標を達成することに少しでも自分が役に立てれば、と思っています。

                   

                  以上をもって僕の自己紹介を終わります。次は徳島のスター(?)久次米くんです。試験も終わり、溜まった何かをここにはきだしてくれると思います。では、1年生はこれから更新のペースを上げていきましょう!ありがとうございます。

                  | 44期 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  自己紹介ブログ(大久保)
                  0

                    こんにちは、1年の大久保です。前回の荒川くんから3週間程度期間が空いてしまったこと深くお詫び申し上げます。なるべく遅く回すよう他の一年生から圧力をかけられてしまうと学年内で最も立場の弱い自分としては苦しいところです。自己紹介ブログということで、まずはプロフィールから

                     

                    名前:大久保 崚(おおくぼ りょう)

                    生年月日:1997年4月26日

                    出身地:栃木県那珂川町

                    出身高校:栃木県立宇都宮高校

                    所属:文科三類

                    スポーツ歴:軟式野球(小二〜中三)硬式野球(高校)

                    ポジション:一塁手

                     

                     特別に紹介したいこともないのでシンプルにプロフィールの内容を掘り下げてみます。

                     

                     出身地は栃木県の那珂川町という時間がゆっくりと流れる自然豊かな田舎町です。大久保少年を愛し、大久保少年に愛されるこの町の魅力を存分に語りたいところですが、それはまたの機会にします。スポーツに関して言うと、昨年度のプロ野球ドラフトで同町初のプロ野球選手が同時に2人誕生。さらに町内に二つの学童野球チームが関東大会、全国大会に出場決定。と、野球で今盛り上がっています。自分の原点となる地から大舞台に羽ばたく先輩がいて、自分と同じグラウンドで研鑽を続ける後輩がいることに大変勇気を与えられています。

                     

                     続いて出身高校について。高校そのものについては荒川くんも話していますし説明の必要はないでしょう。文字通り、井の中で楽しく、上手に人生を送ってきた蛙である大久保少年は、宇都宮という大海(この感覚も相当おかしいですが)に旅立ち自分の凡庸さを知ります。頭が切れる友人、人格的に優れた友人がたくさんいました。しかし、その中で自己研鑽できたこと、特に野球部では指導者、仲間にも恵まれたことはこの上ない幸運でした。ソフト部のメンバーともお互いにいい関係を気づいていきたいです。

                     

                     その後一年の浪人を経て、東京大学文科三類に入学いたしました。浪人してようやく合格ラインに到達した身としましては、現役合格の方々は神棚にお供えしたいくらい尊い存在です。

                     

                     ソフトボール部への入部について。当初は、大学で硬式野球をやらないと決めた時点でそこそこに体を動かせればいいかなという考えでした。しかし、新歓期において、‐,弔海鉢⊂綣蠅なることへの意欲がまだ自分にあることに気づき、そこを目指していける集団を求めていました。あとは先輩方を見て単純に楽しそうだと思ったからです。道具に、グラウンドに、競技そのものに誠実さを持ってプレーする姿勢がやっぱり一番素敵です。

                     目標は何よりもチームの勝利です。そのためにできることはなんでもやりますし、やるべきでないことは何もやりません、多分。個人的な目標はあえていうなら、ただひたすら上手くなることです。バランスのとれた優れた野球人改め「ソフト人」を目指したいです。

                     

                     最後になりますが、チームの皆さんについて。先輩方には日々たくさんのことを勉強させてもらっています。これからもよろしくおねがいします。1年生も気の良い、愛すべき男たちばかりです。一緒に上手くなっていきましょう。高校時代はマネージャーがいなかったのでマネさんのいる環境は新鮮ですし、とても助けられています。ありがとうございます。ソフト部での活動を通して、少しでも人間的に成長できたらと思っています。

                     

                     繰り返しますが遅くなってごめんなさい。以上で終わりにします。次は閑念くんです。どうでもいいですが、「かんねん」と入力しても初めは予測変換されないので人一倍苦労してきたのではないかと思います。

                    | 44期 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    自己紹介ブログ(荒川)
                    0

                      初めまして、記念すべき44期最初の投稿をさせて頂くことになりました荒川です。どうぞよろしくお願いいたします。先ずは先例にならって自己紹介を。

                       

                      名前:荒川 慶人 (あらかわ けいと)
                      生年月日:1997年9月13日
                      所属:理科一類
                      出身地:栃木県
                      出身校:栃木県立宇都宮高校
                      スポーツ歴:中・軟式野球 高・硬式野球
                      ポジション:外野手・一塁手

                       

                      中高6年間、野球漬けでここまできました。大学でも野球を続けるか悩み、硬式・軟式・ソフトと見学した中で、メリハリある練習が出来そうだと思いここに入部を決めました。しかしそれと同時に、同期で戦友とも言える大久保の影響が大きかったです。自分と大久保は同じ高校の野球部出身なのです。大学でもまた二人揃って戦えるのはとても嬉しいですね。話のついでですから自分の高校時代について少し話してみることにしましょう。自分は栃木県の宇都宮市出身で、ここは餃子と雷しかないところです。機会がありましたらぜひ一度立ち寄ってみてください。そしてこのだいたい真ん中にあるのが宇都宮高校です。地元の人は略して「うたか」と呼びます。どうやら北関東の教育は保守的思想が色濃いようで、男女七歳にして席を同じうせず、ではないですが進学校は大抵男女別学です。そして宇高も御多分に洩れず男子校でした。ですから勉学に高校野球と、真にそれしかない環境下において鍛えられました。もっとも、自分にはその方が性に合っていたとは思いますが...。高校時代は遂に最後までレギュラーにはなれず悔しい思いをし、さらに最後の夏は1点差でリードして迎えた9回表2アウトランナーなしから怒涛の三連打で勝ち越され逆転負け、そのまま引退した苦い思い出があります。しかしあの時の痺れるような緊張感は忘れられません。ですから、偉大な先輩方が残してくださった一部昇格という最高の置き土産によって、今度は日本ソフトボール界を引っ張っているチームに対して、あの時のような緊張感のある試合ができる立場にあることにとても感動しています。

                      入部してからを振り返ってみますと、ソフトボール、特に内野はほとんど経験がありませんでしたので、日々学ぶことがあって練習が充実しています。一日でも早くソフトボールのリズム感に慣れていけたらと思っています。また先輩方には常日頃から大変お世話になっています。一年を代表してお礼を言わせてください。これからもご指導お願いします。それと同時に44期の仲間たちは選手・マネージャー含め、みんないい奴ばかりです。これから共に大会を勝ち抜いていくためにも、頼り頼られる関係が築ければ、と思っています。個人としてはここぞの場面で打てるバッターとなれるよう、最近は振り込みが足りていませんのでまずはしっかり振り込んでいこうと考えています。そして最終的には得点圏打率にこだわっていきたいです。

                      結局、自己紹介のはずが野球とソフトの話しか出てきませんでしたね、申し訳ないです。次回以降に期待していてくださいまし。次は、まだ2ヶ月程度なのに早くも44期の精神的支柱となっている大久保先生です。乞うご期待!

                      | 44期 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP

                      The University of Tokyo Softball Club