東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
自己紹介ブログ (高柳 洋介)
0

     

     

    はじめまして、こんにちは! 47期の高柳洋介です。

     

    プロフィール

     

    名前 高柳洋介(たかやなぎ ようすけ)

     

    生年月日 2000年7月10日

     

    出身 静岡県浜松市

     

    所属 理科一類

     

    出身高校 浜松北高校

     

    スポーツ歴

    小学校 ソフトボール

    中学校 軟式野球

    高校 硬式野球

     

    ポジション 捕手、内野手

     

    静岡県浜松市出身の高柳洋介です。自分は小学校二年生の時にソフトボールを始め、高校3年の夏までの11年間、野球、ソフトボールを続けてきました。小学生のときは投手、中、高校生の時は主に捕手を務めていました。自分は身長の伸びるピークがとても早く、小学校6年生の時に10センチ以上伸びて168センチあったため、当時の顧問の先生に抜擢されたのが捕手を始めたきっかけです。当初は小学生時と同じく投手を志望していたため残念でしたが、捕手を続けるにつれて配球などの独特の面白さに惹かれてこのポジションが好きになっていきました。高校に入ってからも捕手を続けていましたが、最終的には一塁手で出場していました。

    理由は察してください笑

     

    東大ソフトボール部に入ろうと思った理由は、自分が唯一悔いを残して終わったのがソフトボールだからです。中、高校時は、最後の試合、負けはしたものの自分のすべてを出し切って試合でき、納得できる終わり方でした。しかし、ソフトボールにおいてはどうしても出場したかった大会の予選で力を出し切れずに敗北を喫し、心残りでした。そのため大学合格前からソフトボールをしようと思っていました。しかし、残念ながら昨年度の入試では不合格となってしまい、実際入部するのに一年半かかってしまいました。

    やっと入部することができ、とても嬉しいです!

     

    入部してからは、内野手を務めています。自分の持ち味である打撃力を生かして、10月から始まる予定の秋リーグで活躍できるよう

    日々全力で練習していきます! 今後よろしくお願いします!

    | 47期 | 16:36 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
    自己紹介ブログ(逢坂 拓征)
    0

      初めまして、こんにちは。47期の逢坂拓征です。

       

      プロフィール

       

      名前 逢坂拓征(おおさか ひろゆき)

       

      生年月日 2000年6月21日

       

      出身 香川県丸亀市

       

      所属 理科1類

       

      スポーツ歴 小3〜中3 軟式野球

                  高1〜高3ソフトボール

       

      ポジション 投手・一塁手

       

       

      香川県の丸亀市出身の逢坂拓征です。丸亀と聞くと、多くの人が丸亀製麺を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は丸亀とは関係なく、先日下北沢で丸亀製麺デビューを果たしました。

       

       

      小さい頃から、草野球で活躍する父を見て育ち、通っていた小学校のスポーツ少年団に小3で入団しました。最初は外野をやっていましたが、小6の時に、チームで唯一の左投げだったので、ピッチャーをやってみようと思い、ピッチャーを始めました。そこで、試合を自分で組み立てることができるピッチャーの面白さに気づき、ピッチャーを続けたいと思うようになりました。中学校に入っても、その思いは変わらず、ピッチャーを続けていました。ただし、コントロールも悪く球速も遅く、高校で野球をしてもついていけるか不安になっていきました。

       

      高校に入学してから、ソフトボール部なら、運動もできて、今までの野球の経験も生かせるのではないかと思い、ソフトボールを始めることにしました。ソフトボール特有の速さにはすぐ慣れ、外野やファーストで試合には出るようになりましたが、小中とやってきたピッチャーをやりたいなという気持ちがあり、高2の夏ごろからウィンドミルの練習を始めました。ウィンドミルでコントロールをつけるのはかなり難しかったですが、投げ方が定まらなかったおかげか、自分でもよくわからない球を投げていたのですが、高3の夏までにはなんとか投げられるようになりました。

       

      今年の上半期は、地元に帰っていたので、硬式球に慣れるために、知り合いのクラブチームに参加して、感覚を失わないようにしていました。一度だけ大学生相手に投げて、2回9失点という悲惨な内容だったので、これから頑張っていかないとと気を引き締める良い経験でした。

       

       

      東大ソフト部の練習にまだ3日しか参加できていませんが、練習ごとに改善点を上げていくのは、学生主体の部活動ならではだと思いました。今までとは一味違った新しいところで心身共に成長していきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

      | 47期 | 20:38 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
      自己紹介ブログ(岡本 怜)
      0

        自己紹介ブログ

        初めまして、こんにちは。47期の岡本怜です。

         

        プロフィール

        名前 岡本怜

        生年月日 2001年2月12日

        出身 福井県福井市

        所属 文科3類

        出身高校 藤島高校

        スポーツ歴 小4〜小6 ソフトボール

              中1〜中3 軟式野球

              高1〜高3 硬式野球

        ポジション 外野手

         

         まず、これまでの自分と野球・ソフトボールとの関わりを簡単に書きたいと思います。福井県福井市で生まれ育った私は、小学生の時アニメ『メジャー』の影響で野球・ソフトボールに興味を持つようになり、仲の良い友達の誘いを受け、小4の秋に地域のソフトボールチームに入部しました。小5ではライトを、小6ではファーストを守っていました。

         

         中学、高校では特に迷うことなく、野球がしたいという思いで野球部に入りました(学校にソフトボール部はありませんでした。)。中学から外野のみを守るようになり、レフト、センター、ライトの3つのポジションを経験しました。プレー面であまり活躍できませんでしたが、素晴らしい仲間と出会い一緒に野球ができ、とてもいい経験だったと思っています。

         

         高3の最後の夏の大会を終えた後、野球をやり切ったという思いが強く、大学に入ったらこれまでしたことのないスポーツに挑戦したいと思っていました。ただ現役で東大に合格できず、大阪で浪人生活を送ることになってしまいました。勉強中心で野球から離れた生活を送っていると、寮の食堂のテレビで流れるプロ野球や高校野球の中継を自然と真剣に見てしまい、まだ野球やソフトボールが好きだということに気づかされました。それ以降、大学での部活動やサークル活動をモチベーションの1つとして勉強に励み、周囲の方々に助けていただきつつなんとか東大に合格することができました。

         

         次に東大ソフトボール部に入部した経緯について書こうと思います。大学入学後は野球サークルに入ろうと考えていたのですが、コロナの影響で新歓練習に参加できず部活・サークル選びに迷っていた頃、ある先輩が声をかけてくださりソフトボール部の体験練習に参加させていただくことになりました。その日の練習ではソフトボール特有の投手と打者との距離の近さや、ソフトボールに楽しく打ち込める部の雰囲気など、実際に見てみないと分からないことを数多く知ることができました。特に先輩方が自分のプレーにアドバイスしてくださったことをきっかけに「この部に入ってソフトボールが上手くなりたい。」という気持ちが強くなり入部を決めました。今、入部を迷っている方々にも是非体験練習に来ていただきたいです。

         

         最後に、ソフトボール部で練習を行なっていくなかで感じたことを書かせていただきます。私にとって学生だけで練習メニューを決め、実践する大学の部活動は新鮮でした。実を言うと入部前は指導者のいない部活動で自分は上手くなれるのだろうか、という不安を覚えることもあったのですが、入部後にその思いは大きく変わりました。今まで数回の練習に参加し、先輩方から技術上の助言をいただくことが多くあり、決して教えてくれる人がいなくなったわけではありません。またその助言をもとに自分で考えたり、調べたりして練習に取り組むことが多くなりました。このように、この部で自分はまだまだ技術を向上させることができると思い、その楽しさを感じながら練習しています。

         

         以上で自己紹介を終わります。

         

         現在のコロナの状況で私がソフトボールを楽しめているのは周囲の方々のおかげだと思っています。常に感謝の気持ちを忘れず練習していきたいです。

         

         これから、もっと上手くなってチームに貢献できるよう頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。

        | 47期 | 13:30 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
        自己紹介ブログ(渡部 翔太)
        0

          自己紹介ブログ

          初めまして、こんにちは。47期の渡部翔太です。

           

          プロフィール

          名前 渡部翔太

          生年月日 2000年5月2日

          出身 愛媛県松山市

          所属 文科2類

          出身高校 愛光高校

          スポーツ歴 中1〜高2 ソフトボール

          ポジション 投手・外野手

           

           生まれも育ちも愛媛県松山市で、18年間松山市で過ごし、去年は東京で1年間過ごしました。小学生の頃仲の良かった友達が野球好きな人が多く、初めは興味があまりなかったものの自分も野球を一緒にやるようになり、次第に野球が好きになりました。当時は放課後に小学校のグラウンドで金属バットとテニスボールを使って野球をしていました。巨人の松本哲也選手が好きだったので外野をやっていました。

           

           中学に入る時、私はハンドボールをしたかったのですが、中学校にはハンドボール部がなく、それなら野球が好きだからとソフトボールを始めました(学校に野球部はありませんでした)。初めは外野手志望でしたが、中1の時に友達と遊び感覚でソフトボールのピッチャーの真似をしてキャッチボールをしていたところ監督に声をかけていただきピッチャーを始めることになりました。中高を通じて公式戦でチームの勝利にあまり貢献できず、迷惑をかけてばかりだったのですが、中高共に楽しくソフトボールができソフトボール部に入って良かったと感じています。

           

           大学受験期を迎え、ソフトボールへの未練はなく、大学生になったら昔やりたかったハンドボールをしようと思っていました。しかし、現役では東大に歯が立たず、東京で浪人させてもらうことになり、寮に入っていました。模範的浪人生と呼べるほどの生活を送り夏までは順調に成績が伸びました。成績が思ったよりも出てしまったことによる慢心から、夏以降は友達からWi-Fiを借りてずっと見ないようにしていたyoutubeを解禁し、夜になると友達の部屋に集まっては毎日おしゃべりをする生活を送っていました。その結果、もちろん成績は急降下してしまい東大合格は遠退き、「これで落ちたらずっと後悔するだろうなあ」とか、「親に申し訳ないなあ」とか考えていました。そこから心機一転勉強に励み、なんとか無事入学できて本当に良かったです。

           

           ここからはソフトボール部への入部動機について書こうと思います。高3の頃はハンドボールをする気でいたのですが、浪人の夏に寮の友達たちと久々に野球をし、やっぱり自分は野球・ソフトボールが好きだなと感じました。試合での一球の動きにプレイヤー全員が集中する緊張感はたまりません。特にソフトボールは1プレーあたりの時間が短く、その緊張感は最高です。それ以降大学生になったらソフトボールをしようと決めていました。

           

           それからは、youtubeでソフトボールのピッチャーの解説動画をたまに見ていました。そこで感じたのは、自分がいかに頭を使わずにピッチャーをしていたかということでした。投球には理論があるにもかかわらず、そのようなことをあまり意識せず自分はただ球を闇雲に投げていただけだったと気づかされました。今後は体の使い方を意識し、自分に足りない部分を考え克服する練習ができるようにしたいと考えています。また、外野手としても打者としてもチームの勝利に貢献できるように頑張ります。

           

           最後に、東大のソフトボール部に入って思ったことを書きたいと思います。もしかしたらこのブログを読んでくれている、入部するか迷っている方々の参考になれば幸いです。私はまだこのブログを書いている時点では3回しか練習に参加していません。しかし、先輩方がブログで書かれている、東大ソフトボール部では、「優しい先輩と伸び伸びとした雰囲気の中で真剣に練習に取り組むことができる」ということはひしひしと伝わってきました。ちょうど良いバランスの上に成り立っている部活という印象を受けました。わからないことはなんでも気軽に聞くことができて、教えてくれる環境にあり、ここで頑張りたいという気持ちになりました。他の新入生の方々も都合の良いタイミングでぜひソフトボール部に来てください!

           

          以上で自己紹介を終わります。

           

           コロナの影響で中止となっていた部活が8月になりようやく再開され、少しずつでありますが戻りゆく日常のありがたさを噛み締めております。

           

           これから、チームのために頑張っていくので、どうぞよろしくお願いいたします。

          | 47期 | 13:06 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP

          The University of Tokyo Softball Club