東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 4/23 春季リーグ vs専修大学 | main | 5月練習日程(5/17更新) >>
4/23 春季リーグ vs東洋大学
0

    春季リーグ最終戦

     

    東洋大学|000 01 = 1

    東京大学|090 0×= 9

    (5回コールドゲーム)

     

    ◆バッテリー:森岡 ー 山上

     

    ◆三塁打:川端

     

    ◆二塁打 : 森岡、川端

     

    ◆戦評

    第二戦、東洋大学との一戦は小雨の中始まった。

    先発の森岡は一回、二回と相手打線を三者凡退に切って取り、最高の立ち上がりを見せる。

    しかし、こちらも初回はチャンスを作るも無得点。

    二回の裏、強くなってきた雨で制球に苦しむ相手投手を攻め、山口の犠牲フライ等で二点の先制に成功する。更に攻撃は続いたが、一死満塁で森岡を迎えたところで豪雨となり、一時試合中断。

    結局サスペンデッドゲームとなり、勝敗は最終日にお預けとなった。

    4月23日の4試合目、初めて経験するサスペンデッドゲームは東洋大学との二部優勝をかけた最終戦となった。

    前回の続き、一死満塁と緊迫した雰囲気の中試合が再開される。

    先頭の森岡のセカンドゴロの間に1点を追加すると、5番田中の火の出るようなセンター前のタイムリーヒットが飛び出し、さらに2点を追加。

    そして7番川端がダメ押しとなる走者一掃の三塁打で試合を決定づけ、前回から通じてこの回一挙9得点とした。

    四回には二死二塁のチャンスを作り、この試合で引退となる山本が代打で打席に立つも、空振り三振に散る。

    その後も森岡は相手打線を四回までノーヒットに抑え、五回には一点を許すも五回コールドで東洋大学を下した。

     

     

     

    この試合に勝利したことで、念願の二部リーグでの全勝優勝が決まりました!

    また、上述しましたが41期の山本がこの試合で引退となりました。本当にお疲れさまでした。

     

    最後に、応援してくださったOB,OGの皆様、ありがとうございました。

    部員一同感謝申し上げます。

    今後もインカレ予選、一部との入れ替え戦と続いていきます。

    いい結果を報告できますよう精進してまいりますので、引き続き応援よろしくお願い致します。

     

    文責:山上

    | 試合速報 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tokyo-softball.com/trackback/954245
    トラックバック

    The University of Tokyo Softball Club