東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 7/1 練習試合(対慶應義塾大学) | main | Happy Birthday! (今川さん) >>
7/15 双青戦(対京都大学定期戦)
0

     7月15日京都大学グラウンドにて京都大学との定期戦が行われました。京都大学ソフト部の皆さま、東京大学ソフト部OBの皆さまのご支援・ご尽力もあり本年度も無事定期戦を終えられたこと心より感謝申し上げます。炎天下のなかOB戦に参加してくださった皆さま、応援に駆けつけてくださった皆さま、ありがとうございました。

     

    1試合目

    京都大学 0000000 0

    東京大学 100000×  1

     

    バッテリー:今川−平子

    二塁打:閑念

     

    戦評

     京都で行われた本年の定期戦。最高気温が38度にも達する炎天下での試合であったが、投手の頑張りにより緊迫した投手戦となった。

     初回二死一、二塁のピンチを無失点で切り抜ける。東京大学は裏の攻撃、先頭閑念が右越え二塁打で出塁、坂本の犠牲バントで一死三塁とし、大久保の中犠飛で一点を先制する。

     2回表、相手6、7番に連打を浴びる無死一、二塁とされるが三振とゲッツーでこのピンチをしのぐ。

    早い段階で追加点を奪いたい展開のなか打線は相手投手に3回以降はノーヒットに抑えられるが、東京大学先発の今川も負けじと好投を演じ、3回以降相手打線を無四球散発2安打に封じる。

     結局初回の一点が決勝点となり、完封勝ちを収めた。守備面では一定の成果を見せた一方、打線は相手投手を攻略し味方投手の好投を助けたい試合であった。  

     前述の通り炎天下の試合のなか、試合に出ていない部員もサポートの充実を図ることで、新体制初勝利が文字通りチームとして一点を守りきる試合であった意義は大きい。チームの飛躍に期待したい内容であった。

     

    2試合目(新人戦)

    東京大学 11010 3

    京都大学 00211××

    (90分時間制により5回が最終回)

     

    バッテリー:楠本−荒川

    二塁打:布施

     

    戦評

     1、2年生が主体となる新人戦。1年生の齋藤奎、浜舘、吉田の3名にとっては初の公式戦出場となった。

     東京大学は1回表3つの四死球とワイルドピッチで1点を先制。なお無死満塁の絶好機を作るが後続が倒れる。2回には先頭齋藤奎が右前打で出塁し、楠本のバントヒットなどで一死二、三塁の好機を作ると閑念の左前打で追加点を奪う。

     しかし、3回裏先頭に失策で出塁を許すと、長打とタイムリーエラーで同点に追いつかれる。

     4回表先頭浜舘が敵失策を誘い出塁。二死一、二塁から再び閑念が適時打を放ち勝ち越しに成功する。リードを守りきりたい東京大学であったが、4回に四死球に失策が絡みに同点とされる。

     最終回となった5回には一死から布施に二塁打が出るも後続が倒れ無得点。なんとか引き分けに持ち込みたい最終回の守備、先頭に四球で出塁を許すとワイルドピッチと内野ゴロの間に三進、最後はワイルドピッチで生還されサヨナラ負けとなった。

     人数が少なく全選手が戦力となることが求められる。1、2年生は貴重な実戦機会から多くを学び、考え、今後の成長の糧としてほしい。

    | 試合速報 | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tokyo-softball.com/trackback/954352
    トラックバック

    The University of Tokyo Softball Club