東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 2月28日 全体練習 | main | 春合宿 >>
部員ブログ(楠本)
0

    こんにちは、今週のブログを書かせていただきます44期の楠本です。


    先週の久次米の記事ではキャッチャー視点での話があったので、自分の方からはピッチャーを始めて思ったこと考えたことについて書こうと思います。



    秋リーグが終わってから本格的に投手のメニューで練習を組むようになったので、4ヶ月とちょっとになります。日々上達は感じているものの、試合を作れるようになるためにはまだ先は長く、多くの課題(コントロールや変化球だけでなくフィジカル面も含めて) を解消しなければなりません。これまで投げてきた試合では、点を取られる回で3点以上のまとまった点数を取られてしまうことが多く、イニングごとのピッチングのばらつきが大きいなと思っています。守備のミスも絡んで失点、ということもあるのですが、今の自分のピッチングだと守備のリズムも作りにくいと思うので、まずは自信をもって投げれるボールを磨くことと、ピンチになって制球が乱れてきた時にそれを試合の中で解決するにはどうしたらいいか、考えながら取り組んでいきたいと思います。




    国公立大の二次試験も終わり、3月になりました。今週は検見川で3泊4日の合宿、そして来週以降も練習試合が続いていきます。春リーグまで限られた時間ではありますが、自分の弱点としっかり向かい合い、1部に残れるよう精一杯頑張ります。

    | 44期 | 09:58 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    私は現役時代、投球として全く成績を残せませんでした。ですが、社会人で試合の数をこなし、精神的な試合への準備レベルが上がった結果、大量失点をする事がかなり減りました。自ずと色んなルーティーンが出来てくるものです。合宿で自分がしっくりくるルーティーン(アップの仕方、ベンチの座る位置、イニング間のキャッチボールのタイミング、投球練習の時の球種やコース、ピンチの時の間の取り方)を研究してみてはいかがでしょうか。
    | 西川(30期) | 2019/03/04 3:55 PM |
    西川さんコメントありがとうございます。
    日々成長できるよう精進します!
    | 藤井(36期) | 2019/03/12 11:58 PM |
    西川さん、ありがとうございます。
    投球以外の部分についても今一度見直して、自分にあったスタイルを確立させたいです。
    | 楠本 (44期) | 2019/03/19 12:44 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tokyo-softball.com/trackback/954430
    トラックバック

    The University of Tokyo Softball Club