東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< チャレンジカップ初日(対茨城大学・慶應大学) | main | 部員ブログ(長谷川) >>
チャレンジカップ2日目(対立教大学・文教大学)
0

    東京大学 1079 17

    立教大学 5320 10

     

    バッテリー:楠本、大久保−久次米

    二塁打:閑念、大家

    三塁打:齋藤(遥)

    本塁打:大家、齋藤(奎)、楠本

     

    戦評

    チャレンジカップ2日目。先攻の東京大学は初回、先頭閑念、2番大家が連続ヒットで出塁、犠打で一死二、三塁として4番大久保がセンター前へタイムリーヒットを放ち1点を先制する。

    しかしその裏、二死ランナー無しから5連打を浴びるなど一挙5点を奪われ逆転を許す。2回にも3点を追加され序盤7点を追う苦しい展開となる。

    3回表、ツーベースで出塁した閑念を二塁におき大家がライトへツーランを放ち2点を返すと、齋藤(奎)にもスリーランが飛び出すなど打線が繋がりこの回7点を奪い同点に追いつく。

    3回裏に2点を失い勝ち越しを許すが、4回表には齋藤(遥)、大家のタイムリーや楠本のツーランなど9点を挙げ逆転に成功した。

    時間制限により最終回となった4回裏、二死満塁のピンチを迎えるも無失点で切り抜け勝利を収めた。

     

     

    東京大学 000210 12

    文教大学 00200     2

     

    バッテリー:大久保−久次米

    二塁打:大家、楠本、齋藤(遥)

    本塁打:荒川

     

    戦評

    2回まで両チーム無得点で迎えた3回裏、一死から三塁打を浴び走者を許すと続くバッターにツーランを浴び2点を先制される。

    追いかける4回表の攻撃、先頭楠本が内野安打で出塁、続く大久保のセーフティバントが敵失を誘い楠本が一気に生還、なおも無死三塁とする。一死後、齋藤(遥)がセンターを犠飛を放ちこの回同点に追いつく。

    すると5回表、ヒットと2つの四球で無死満塁の好機に大家が走者一掃のタイムリーツーベースを放ち勝ち越しに成功。さらに荒川が満塁ホームランを放つなどこの回一挙10点を挙げて試合を決めた。

    | 試合速報 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tokyo-softball.com/trackback/954442
    トラックバック

    The University of Tokyo Softball Club