東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 4月14日 新歓練習 | main | 5月練習日程 >>
部員ブログ(浜舘)
0

    こんばんは、今週のブログを担当します45期の浜舘です。8ヶ月ぶり2回目の投稿です、おひさしぶりです。

     

    今日は新歓練習お疲れ様でした。

    今回も、前回と同様にたくさんの新入生に参加してもらい賑やかな練習となりました。新入生のレベルはなかなか高く、1プレーヤーとして良い刺激をもらうのと同時にいよいよ後輩ができる、ということを実感し身が引き締まる思いです。

     

    さて、昨日から春のリーグ戦が開幕しました。初戦となった日体戦は残念ながら大差をつけられての敗北となってしまいました。僕自身、リーグ戦に出場するのは初めての経験で、改めて1部のレベルの高さを痛感しました。

    と、書くのは簡単ですが日体の強さ、スキのなさにかなりの衝撃を受けました。投手の球のキレ、どこからでも長打を狙えそうな打線の力強さ、徹底された好球必打、全て一級品でした。特に、相手投手は今まで対戦した中でも頭一つ抜けて完成度が高く、打席の中で芯で捉えるイメージをなかなか持つことができませんでした。正直言って、終始圧倒されてしまいました。しかし、そこに僕がこの部活で望んでいたものがあったような気がします。日常として学問分野の一流に触れることは東大生なら多分容易でしょうが、他の分野でもそこの一流と対峙できるのは実は貴重な経験なのではないでしょうか。今は到底かなわないけどいつの日か対等に渡り合いたい、この思いが今後の原動力となるのではないでしょうか。こういう感じ僕はキライじゃないです。僕は一流のチームとただ対戦した、というレベルでは終わりたくありません。まだまだ課題は山積みですが一つ一つレベルアップしていきたい、と昨日改めて思いました。

     

    今、こうやって上のレベルでプレーできているのも先輩方の力が大きく、僕は昨年からとても良い経験をさせてもらっていると思っているので、来たるべき次世代にバトンをつなぐためにも残りの試合必死に食らいついていきます。

     

     

     

    | 45期 | 22:38 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    日体相手に必死で食らいつかないと、湧いてこない想いに感動しました。
    是非、対等に渡り合いたいという願望だけでなく、勝つという目標にしてほしいなと思います。
    一流と戦ったり一緒にいたりしないと見えない物には、具体的な「やり方」のヒントがあるはず。
    ご参考:https://www.tef.or.jp/sports-science/magazine/sp/page01.jsp?id=186313
    https://toyokeizai.net/articles/-/268836?page=3
    | 西川(30期) | 2019/04/15 11:21 AM |
    西川さん、コメントありがとうございます。
    大変興味深い内容でした。
    いつか勝利した姿をお見せできるよう精進していきます。
    | 浜舘(45期) | 2019/04/16 11:08 AM |
    熱い思い胸が熱くなりました。
    俺もかつてのように胸熱になりたいです。
    浜舘くん同じファーストということでガチで応援してます!
    | 藤井(32期) | 2019/04/16 10:48 PM |
    将来どうなりたいかという目標から、プロセスをイメージ出来れば、継続したり修正したり出来るんだけど、それって自分なりの努力なり知見だけでは本当に難しい。
    一流に触れる機会があれば、迷わず吸収する欲を持ってください。応援してます!
    | 西川(30期) | 2019/04/17 11:38 AM |
    藤井さん、コメントありがとうございます。
    この思いを忘れず、期待に応えられるように頑張ります。
    | 浜舘(45期) | 2019/04/17 3:04 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tokyo-softball.com/trackback/954445
    トラックバック

    The University of Tokyo Softball Club