東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 9/8 秋リーグ(対明治大学) | main | 部員ブログ (小川) >>
9/8 秋リーグ(対慶應大学)
0

    慶應 000213 6

    東京 001301 5

    バッテリー:大久保、楠本ー久次米

    本塁打:大久保

    三塁打:布施


    <戦評>

    リーグ戦2連敗で迎えたこの試合、相手は昨秋優勝の慶應大学。何としても負けられない一戦となった。


    初回、二回とも両チームとも先発投手が相手打線を抑え無得点。

    三回裏 9番齋藤奎がバントヒットで出塁し、盗塁も絡みながら生還。東大が先制点を奪う。

    四回表 2つの四球に長打が絡み2失点。逆転を許す。

    四回裏 笹川、齋藤遥汰、布施に安打を放ち3得点。すぐさま逆転に成功する。

    五回表 四球のランナーを三塁へ進められたのち、四番打者の適時右前打により1失点。しかし後続は打ち取る。

    五回裏 東京大学は無得点。

    六回表 時間制により最終回となるこの回、ここまで丁寧なピッチングを見せていた大久保だったが、0死から二連打を浴び同点に追い付かれる。ここでスイッチした楠本は味方のエラーなどもあったが2失点で食い止める。

    六回裏 後の無い東京大学は先頭の大久保の本塁打で1点差とし、さらに齋藤遥汰の右前打、布施の四球、荒川の二遊間への安打で0死満塁とする。しかし後続が打ち取られ万事休す。3連敗を喫した。



    ここまで3試合を消化し、未だ勝ちを得られず、勝利の難しさを全員が感じたリーグ戦第一週となった。

    厳しい状況であるのは事実だが、とにかく前を向き、残る2試合へ万全の準備を重ねることが求められる。



    文責:荒川(44期)

    | 試合速報 | 21:01 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    2部ならではの、実力が拮抗した中で、守備・打撃・走塁のミスをどれだけ我慢できるかという戦い。一つのファインプレーやミスで流れを得たり失ったりすると思います。全員が良い準備を続ける事がカギになると思いますし、勝った時の喜びも格別なはずです。頑張ってください!
    | 西川(30期) | 2019/09/19 11:55 AM |
    西川様
    日頃よりあたたかいコメントをいただき、大変力になっております。ありがとうございます。
    本日リーグ戦前最終の練習となりますが、おっしゃっていただいたように、入念に準備をして残り試合でベストプレーが出せるよう取り組んでまいります。
    今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
    | 荒川(44期) | 2019/09/20 7:07 AM |
    >荒川さん
    まずは秋リーグお疲れ様でした!現地に応援に行けず、申し訳ないです。
    悔しい想いをしている事と思いますが、チームで次に繋げていってほしいなと思います。
    秋リーグの経験を個々が活かす。それが個人のスキルなのか練習の意識なのか、部活引退後の生活習慣の変化なのかは分からないけれど、根本から見つめたり話し合っても良いかと思います。これからも、宇都宮から応援しています!
    | 西川(30期) | 2019/09/24 2:57 PM |
    〉西川様
    応援のお言葉、ありがとうございます。
    残念な結果とはなりましたが、我々44期にとってここが1番の踏ん張りどころと捉え、これまで以上に真摯にソフトボールへ向き合ってまいりたいと思います。
    来春、捲土重来を果たせるよう努力してまいりますので、何とぞ変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします。
    | 荒川(44期) | 2019/09/26 11:35 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tokyo-softball.com/trackback/954519
    トラックバック

    The University of Tokyo Softball Club