東京大学ソフトボール部 ブログ

東大ソフト部のブログです
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ファイナル部員ブログ(閑念) | main | 7月練習日程 >>
ファイナル部員ブログ (齋藤遥)
0

    こんにちは。44期の齋藤遥汰です。

    この度、東大ソフト部を引退したことをご報告させていただきます。3年間大変お世話になりました、ありがとうございました。ファイナルブログということで3年間を振り返ってみたいと思います。

     

    3年間を振り返ると公式戦で多くの悔しい思いをしてきたなと感じます。リーグ戦も一勝しかできなかったはずです。

    2年生の夏までは先輩方が一部やインカレで活躍されている様子をベンチから見ていることがほとんどでした。インカレでは、試合には出られなくとも日本一を決める舞台に参加できているということで胸が踊りました。インカレでプレーする先輩方を見て、今度は自分が1年後、2年後にプレーできれば凄いな!と思っていましたが、秋以降なかなか勝てませんでしたね笑

    フルで出場する初めてのリーグ戦、2年秋の学芸戦は3年間で最も印象に残っている試合の一つです。実質入れ替え戦という中でガチガチでプレーしてたくさんエラーしました。試合前半から負けたら戦犯だなぁと思いながらプレーしてました。結果的に勝つことがでたので良かったですが、もし負けていたら今ファイナルブログのネタにできていないですよね。残留できて本当に良かった。

    3年生春には多少試合に出るのに慣れたつもりでいましたが、思ったように活躍できず2部降格を経験しました。学芸戦は全く打てず、インカレ前の大切な時期に怪我をするなど個人的には不完全燃焼で、1年生の時からお世話になった43期の2人をいい形で送り出すことができなかったことが悔やまれます。

    そして44期体制で迎えた秋リーグ。優勝をチームの目標として挑んだはずが一勝もできずに3部降格という結果を突きつけられた時の悔しさ・恥ずかしさは忘れられません。なぜだかわからないのですが、初戦の明星戦の初回にチャンスで回ってきて初球をキャッチャーフライに打ち上げた打席が印象に残っています。あの場面で自分が打てていれば初戦、あるいはその後のリーグ戦の流れも違ったのかなと思うからでしょうか。自分を買いかぶりすぎかもしれませんが笑

    そして最後の春、新型コロナウイルス流行の影響で自分たちの集大成であった春リーグが中止となりました。チームとしての状態も上向きで絶対に結果を残せるはずだと思っていた中でのこの結果は残念でなりません。

     

    ここまで暗めの話を続けてきましたが、ソフト部での3年間は、自分の成長を実感できる満足のできる三年間だったと思っています。

    一年生の頃は満足に打球を処理することもできず、まともに打球を飛ばすこともできませんでした。多くの先輩方から時にはマンツーマンでご指導いただいたことで上達することができたと思っています。本当に感謝しかありません。守備では、一年生の時と三年生の時とで動画を見比べると見違えて動きが違いますし、バッティングでは夢の柵越えを3本打つことができました。

    自分が中学で軟式野球をやっていた時と比べると、ソフト部では自分の課題と向き合い、時には人の助けを借りながらも自分で考え練習していたように感じます。このように練習できていたからこそここまでの成長ができたのではないかと自分では思っています。(もちろん自分の努力が十分であったとは思ってはいませんが。)

     

    最後になりますが、OB・OGの方々、後輩たち、同期に感謝したいと思います。

    OB・OGの皆さまには様々な場面でソフト部の活動をご支援いただきました、ありがとうございました。後輩たちには頼りない姿を見せる場面が多かったとは思いますが、一緒にプレーしてくれてありがとう。同期のみんなとは部活中はもちろんプライベートでも色々と交流できてたくさんの思い出ができました、ありがとう。

    今後は自分もOBとして東大ソフト部を応援していきたいと思います。今までありがとうございました。

    | 44期 | 21:33 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    The University of Tokyo Softball Club